タニヘゴ

湿地(しっち)でたくさんの()立ち(たち)上げる(あげる)

  • 明るめ(あかるめ)湿地(しっち)生える(はえる)
    写真(しゃしん) / 2024.5.30 福島(ふくしま)(けん)玉川(たまがわ)(むら) S.Ikeda

  • 根茎(こんけい)直立(ちょくりつ)させて()多く(おおく)出す(だす)
    写真(しゃしん) / 2024.5.30 福島(ふくしま)(けん)玉川(たまがわ)(むら) S.Ikeda

  • ()(さき)
    なだらかに細い(ほそい)か、 やや(きゅう)細く(ほそく)なる。
    写真(しゃしん) / 2024.5.30 福島(ふくしま)(けん)玉川(たまがわ)(むら) S.Ikeda

  • (はね)(へん)
    浅く(あさく)切れ込み(きれこみ)基部(きぶ)上下(じょうげ)がふくらむ。
    写真(しゃしん) / 2024.5.30 福島(ふくしま)(けん)玉川(たまがわ)(むら) S.Ikeda

  • 下部(かぶ)(はね)(へん)
    はっきりと短く(みじかく)なる。
    写真(しゃしん) / 2024.5.30 福島(ふくしま)(けん)玉川(たまがわ)(むら) S.Ikeda

  • 表面(ひょうめん)葉脈(ようみゃく)はよく凹む(へこむ)
    写真(しゃしん) / 2024.5.30 福島(ふくしま)(けん)玉川(たまがわ)(むら) S.Ikeda

  • ()(うら)
    ()(うえ)半分(はんぶん)胞子(ほうし)のう(ぐん)をつける。
    写真(しゃしん) / 2024.5.30 福島(ふくしま)(けん)玉川(たまがわ)(むら) S.Ikeda

  • 胞子(ほうし)のう(ぐん)円形(えんけい)で、 (つつみ)(まく)はCの(かたち)
    (みゃく)両側(りょうがわ)(いち)(れつ)につける。
    写真(しゃしん) / 2024.5.30 福島(ふくしま)(けん)玉川(たまがわ)(むら) S.Ikeda

  • 葉柄(ようへい)
    明るい(あかるい)茶色(ちゃいろ)鱗片(りんぺん)多く(おおく)つける。
    写真(しゃしん) / 2024.5.30 福島(ふくしま)(けん)玉川(たまがわ)(むら) S.Ikeda

  • 葉柄(ようへい)下部(かぶ)
    鱗片(りんぺん)幅広い(はばひろい)
    写真(しゃしん) / 2024.5.30 福島(ふくしま)(けん)玉川(たまがわ)(むら) S.Ikeda

  • ()(じく)
    鱗片(りんぺん)細く(ほそく)圧着(あっちゃく)する感じ(かんじ)
    写真(しゃしん) / 2024.5.30 福島(ふくしま)(けん)玉川(たまがわ)(むら) S.Ikeda

  • ()たばかりの新芽(しんめ)
    鱗片(りんぺん)覆わ(おおわ)れていてクルクル。
    写真(しゃしん) / 2024.5.30 福島(ふくしま)(けん)玉川(たまがわ)(むら) S.Ikeda

  • 湿地(しっち)群生(ぐんせい)
    このような環境(かんきょう)減り(へり)つつある。
    写真(しゃしん) / 2024.5.30 福島(ふくしま)(けん)玉川(たまがわ)(むら) S.Ikeda

特徴(とくちょう)

涼しい(すずしい)地域(ちいき)湿っ(しめっ)(たに)沿い(ぞい)などで()られる大きめ(おおきめ)のシダ。 ()根茎(こんけい)から立ち(たち)上げる(あげる)ように()て、 タテに長く(ながく)(した)ほど(はね)(へん)短く(みじかく)なります。 名前(なまえ)のヘゴにはシダの総称(そうしょう)(てき)意味(いみ)があり、 ヤシの()のようになるヘゴ()ヘゴとは分類(ぶんるい)大きく(おおきく)異なり(ことなり)ます。
 
()(なが)さ : 60~130cm
観察(かんさつ)時期(じき) : (はる)~(あき)((なつ)(みどり)(せい))
生える(はえる)場所(ばしょ) : 山地(さんち)湿地(しっち)(たに)沿い(ぞい)
分布(ぶんぷ) : 北海道(ほっかいどう)本州(ほんしゅう)四国(しこく)九州(きゅうしゅう)朝鮮(ちょうせん)中国(ちゅうごく)

正確(せいかく)(しゅ)判定(はんてい)は、 形態(けいたい)細部(さいぶ)まで見る(みる)必要(ひつよう)があります。 ​

東京(とうきょう)にゆかりのあるシダ

タニヘゴは北日本(きたにほん)でよく()られるシダですが、 東京(とうきょう)にちなんだ(はなし)がいくつかあります。
 
タニヘゴの学名(がくめい)はDryopteris tokyoensisと、 (たね)小名(しょうみょう)東京(とうきょう)がついています。 これは東京(とうきょう)()荒川(あらかわ)()(さん)標本(ひょうほん)をもとに命名(めいめい)されたからです。 そのことから、 日本(にっぽん)シダの(かい)都道府県(とどうふけん)ごとにゆかりのあるシダを1(しゅ)ずつ定める(さだめる)郷土(きょうど)のシダ」では、 タニヘゴが東京(とうきょう)のシダに選ば(えらば)れています。
 
ところがタニヘゴが好む(このむ)ような湿地(しっち)は、 埋め立て(うめたて)てしまえば平坦(へいたん)になって土地(とち)利用(りよう)がしやすいため、 都市(とし)発展(はってん)にともなって急速(きゅうそく)減っ(へっ)ていきました。 そんなことから2020(ねん)東京(とうきょう)()レッドリストでは、 開発(かいはつ)著しい(いちじるしい)23()絶滅(ぜつめつ)()(がい)ではわずかに生き残っ(いきのこっ)ているものの絶滅(ぜつめつ)危機(きき)にあります。
 
一度(いちど)消え(きえ)てしまった湿地(しっち)(もと)戻す(もどす)ことは不可能(ふかのう)です。 湿地(しっち)生き物(いきもの)守っ(まもっ)ていくためには、 (なに)よりも無駄(むだ)開発(かいはつ)止める(とめる)ことが必要(ひつよう)となってきます。