キノボリシダ

()には…登ら(のぼら)ない!?

  • 山地(さんち)(りん)(ない)生える(はえる)
    写真(しゃしん) / 2024.4.28 沖縄(おきなわ)(けん)国頭(くにがみ)(むら) S.Ikeda

  • 根茎(こんけい)地面(じめん)短く(みじかく)はって()出す(だす)
    ()には登ら(のぼら)ない
    写真(しゃしん) / 2024.4.28 沖縄(おきなわ)(けん)国頭(くにがみ)(むら) S.Ikeda

  • (はね)(へん)
    1から4(つい)ほどあり、 より大きな(おおきな)(いただき)()(へん)もつける。
    フチの鋸歯(きょし)()(さき)以外(いがい)目立た(めだた)ない。
    写真(しゃしん) / 2024.4.28 沖縄(おきなわ)(けん)国頭(くにがみ)(むら) S.Ikeda

  • ()(うら)
    胞子(ほうし)のう(ぐん)細く(ほそく)、 フチから中央(ちゅうおう)(みゃく)向かっ(むかっ)長く(ながく)伸びる(のびる)
    写真(しゃしん) / 2024.4.28 沖縄(おきなわ)(けん)国頭(くにがみ)(むら) S.Ikeda

  • ()(うら)
    濃い(こい)緑色(りょくしょく)葉脈(ようみゃく)がはっきり見える(みえる)
    変種(へんしゅ)アツバキノボリシダ葉脈(ようみゃく)見え(みえ)ない。
    写真(しゃしん) / 2024.4.28 沖縄(おきなわ)(けん)国頭(くにがみ)(むら) S.Ikeda

  • 葉柄(ようへい)基部(きぶ)
    細く(ほそく)黒っぽい(くろっぽい)鱗片(りんぺん)がつく。
    写真(しゃしん) / 2024.4.28 沖縄(おきなわ)(けん)国頭(くにがみ)(むら) S.Ikeda

  • ()(じく)
    細い(ほそい)鱗片(りんぺん)がつくが、 ほとんど残ら(のこら)ない。
    (はね)(へん)には短い(みじかい)()がある。
    写真(しゃしん) / 2024.4.28 沖縄(おきなわ)(けん)国頭(くにがみ)(むら) S.Ikeda

  • 新芽(しんめ)
    草花(くさばな)芽吹き(めぶき)みたい。
    写真(しゃしん) / 2024.4.28 沖縄(おきなわ)(けん)国頭(くにがみ)(むら) S.Ikeda

特徴(とくちょう)

南方(なんぽう)分布(ぶんぷ)する(かわ)のような質感(しつかん)のシダ。 ()仲間(なかま)がいくつかありますが、 (ほん)(しゅ)(はね)(へん)大きく(おおきく)切れ込ま(きれこま)ず、 ()(うら)葉脈(ようみゃく)がはっきり見え(みえ)ます。
 
()(なが)さ : 30~60cm
観察(かんさつ)時期(じき) : 一年中(いちねんじゅう)(常緑(じょうりょく)(せい))
生える(はえる)場所(ばしょ) : 山地(さんち)林内(りんない)
分布(ぶんぷ) : 琉球(りゅうきゅう)(屋久島(やくしま)以南(いなん))、 台湾(たいわん)中国(ちゅうごく)南部(なんぶ)東南アジア(とうなんあじあ)(みなみ)アジア

正確(せいかく)(しゅ)判定(はんてい)は、 形態(けいたい)細部(さいぶ)まで見る(みる)必要(ひつよう)があります。 ​

なんと…()には登り(のぼり)ません!!!

キノボリシダはそのまま()登り(のぼり)するシダという意味(いみ)ですが、 ()根茎(こんけい)をはって登る(のぼる)なんてことはしません。 代表(だいひょう)(てき)名前(なまえ)詐欺(さぎ)のシダです。
 
詳しく(くわしく)不明(ふめい)ですが、 本当に(ほんとうに)()登る(のぼる)シダのツルキジノオと取り違え(とりちがえ)(せつ)があるようです。