サジラン

(さじ)(さじ)の持ち(もち)(しゅ)変色(へんしょく)してる!…のが特徴(とくちょう)

  • 山地(さんち)樹幹(じゅかん)などに生える(はえる)
    別名(べつめい)ウスイタ。
    写真(しゃしん) / 2024.6 静岡(しずおか)(けん) S.Ikeda

  • 根茎(こんけい)をやや長め(ながめ)にはって()多く(おおく)出す(だす)
    写真(しゃしん) / 2024.6 静岡(しずおか)(けん) S.Ikeda

  • ()表面(ひょうめん)
    濃い(こい)緑色(りょくしょく)で、 光沢(こうたく)がある。
    中央(ちゅうおう)(みゃく)(とつ)出る(でる)
    写真(しゃしん) / 2024.6 静岡(しずおか)(けん) S.Ikeda

  • ()(うら)
    胞子(ほうし)のう(ぐん)細く(ほそく)(みゃく)と25()角度(かくど)でつく。
    写真(しゃしん) / 2024.6 静岡(しずおか)(けん) S.Ikeda

  • 葉柄(ようへい)不明瞭(ふめいりょう)
    基部(きぶ)濃い(こい)(あか)紫色(むらさきいろ)になる。
    写真(しゃしん) / 2024.6 静岡(しずおか)(けん) S.Ikeda

  • 色づい(いろづい)てないものもたまに混じっ(まじっ)ている。
    (さい)基部(きぶ)黒っぽい(くろっぽい)鱗片(りんぺん)をつける。
    写真(しゃしん) / 2024.6 静岡(しずおか)(けん) S.Ikeda

  • 新芽(しんめ)
    くるくる。
    写真(しゃしん) / 2024.6 静岡(しずおか)(けん) S.Ikeda

特徴(とくちょう)

(さじ)(さじ : スプーン)に例え(たとえ)られた(かたち)のシダ。 ()(かわ)のようで、 ()(うら)にハの()胞子(ほうし)のう(ぐん)をつけます。 イワヤナギシダに()ていますが、 ()部分(ぶぶん)濃い(こい)(あか)紫色(むらさきいろ)をしています。 また、 ヒメサジランよりは、 はるかに大きく(おおきく)なります。
 
()(なが)さ : 20~40cm
観察(かんさつ)時期(じき) : 一年中(いちねんじゅう)(常緑(じょうりょく)(せい))
生える(はえる)場所(ばしょ) : 山地(さんち)樹幹(じゅかん)岩場(いわば)
分布(ぶんぷ) : 本州(ほんしゅう)(福島(ふくしま)以南(いなん))、 四国(しこく)九州(きゅうしゅう)屋久島(やくしま)済州(さいしゅう)(とう)中国(ちゅうごく)インドシナ半島(いんどしなはんとう)

正確(せいかく)(しゅ)判定(はんてい)は、 形態(けいたい)細部(さいぶ)まで見る(みる)必要(ひつよう)があります。 ​