手賀沼(てがぬま)自然(しぜん)ふれあい緑道(りょくどう)

ヒガンバナ(ぐん)生地(きじ)

(あき)彩る(いろどる)ヒガンバナ

手賀(てが)曙橋(あけぼのばし)から西側(にしがわ)(やく)2キロに渡っ(わたっ)て、 深紅(しんく)美しい(うつくしい)ヒガンバナが()られます。
特に(とくに)群生(ぐんせい)()真っ赤(まっか)絨毯(じゅうたん)のようで圧巻(あっかん)です。
気温(きおん)変化(へんか)敏感(びんかん)植物(しょくぶつ)で、 気温(きおん)が20から25()(ほど)になるお彼岸(ひがん)(ころ)開花(かいか)します。

ヒガンバナの赤い(あかい)(はな)には、 大きな(おおきな)アゲハチョウがやってきます。 ぜひ見つけ(みつけ)てください。

みんなの投稿(とうこう)

ここで()られる()生きもの(いきもの)

手賀沼(てがぬま)自然(しぜん)ふれあい緑道(りょくどう) 基本情報