ハクモクレン

世界中(せかいじゅう)愛さ(あいさ)れるゴージャスな純白(じゅんぱく)(はな)

ハクモクレンの特徴(とくちょう)

早春(そうしゅん)にの()出す(だす)(まえ)大きな(おおきな)白い(しろい)(はな)(いち)()沢山(たくさん)咲かせ(さかせ)ます。
元々(もともと)中国(ちゅうごく)生え(はえ)ていた()ですが、(はな)美し(うつくし)さから世界中(せかいじゅう)植え(うえ)られています。

みんなの投稿(とうこう)

以下(いか)情報(じょうほう)は、関東(かんとう)地方(ちほう)基準(きじゅん)にしています。エリアによって1ヶ月(かげつ)くらいの()があります。

()(がた)

(えだ)太く(ふとく)ごつごつしています。
(はな)()全体(ぜんたい)咲い(さい)様子(ようす)はとてもきれいです。

  • 写真(しゃしん) / 2018.3.17 千葉(ちば)()美浜(みはま)() MayaN

()

()(さき)少し(すこし)ととがっているのが特徴(とくちょう)です。

  • 写真(しゃしん) / 2020.8.4 千葉(ちば)(けん)習志野(ならしの)() MayaN

(はな)

モクレンの(はな)少し(すこし)大きく(おおきく)した白い(しろい)(はな)強い(つよい)香り(かおり)がします。
モクレン()原始(げんし)(てき)()特徴(とくちょう)として(はな)雄蕊(おしべ)(ゆうずい)と雌蕊(めしべ)(しずい)がらせん(じょう)並ん(ならん)でいます。

  • 写真(しゃしん) / 2020.3.11 千葉(ちば)()美浜(みはま)() MayaN

  • (はな)雄蕊(おしべ)(ゆうずい)と雌蕊(めしべ)(しずい)が
    らせん(じょう)並ん(ならん)でいる
    写真(しゃしん) / 2020.3.11 千葉(ちば)()美浜(みはま)() MayaN

()

変わっ(かわっ)(かたち)()をしています。熟す(じゅくす)赤い(あかい)(たね)()てきます。

  • 写真(しゃしん) / 2008.8.24 千葉(ちば)()美浜(みはま)() MayaN

冬芽(とうが)

花芽(かが)大きく(おおきく)てふわふわの()におおわれ、()当たる(あたる)とキラキラとして目立ち(めだち)ます。()()()少し(すこし)短く(みじかく)大き(おおき)さも小さい(ちいさい)()です。

  • 大きな(おおきな)花芽(かが)と、その(した)小さな(ちいさな)()()
    写真(しゃしん) / 2022.1.29 千葉(ちば)()若葉(わかば)() MasakoT

  • ふわふわの()光る(ひかる)冬芽(とうが)
    写真(しゃしん) / 2021.2.20 千葉(ちば)()中央(ちゅうおう)() MasakoT

  • 太い(ふとい)(みき)から咲こ(さこ)うとしている(はな)()
    写真(しゃしん) / 2021.2.20 千葉(ちば)()中央(ちゅうおう)() MasakoT

  • (えだ)(さき)()()であることもある。
    写真(しゃしん) / 2021.2.20 千葉(ちば)()中央(ちゅうおう)() MasakoT

名前(なまえ)由来(ゆらい)

モクレンの(はな)()白い(しろい)(はな)咲かせる(さかせる)ので「白い(しろい)木蓮(もくれん)」→「ハクモクレン」となりました。

  • 語源(ごげん)となったモクレンの(はな)。ハクモクレンより少し(すこし)遅れ(おくれ)咲く(さく)
    写真(しゃしん) / 庭木(にわき)図鑑(ずかん)植木(うえき)ぺディア

その他(そのた)情報(じょうほう)

モクレンの仲間(なかま)被子植物(ひししょくぶつ)(なか)では最も(もっとも)原始(げんし)(てき)なグループで、その祖先(そせん)恐竜(きょうりゅう)生き(いき)ていた中世代(ちゅうせいだい)にさかのぼるといわれています。そのため、(はな)雄蕊(おしべ)(ゆうずい)と雌蕊(めしべ)(しずい)がらせん(じょう)並び(ならび)原始(げんし)(てき)特徴(とくちょう)あります。
またモクレンの(はな)には(みつ)無く(なく)香り(かおり)花粉(かふん)(むし)呼び(よび)ます。

関わり(かかわり)深い(ふかい)生き物(いきもの)

コブシハバチの幼虫(ようちゅう)()食べ(たべ)つくすことがあります。
つぼみや(はな)食べ(たべ)にヒヨドリがやって来(やってき)ます。

タップすると詳細(しょうさい)()られます