()紹介(しょうかい)

ヒイラギモクセイ

ヒイラギとギンモクセイを(おや)にもつ()

()自己(じこ)紹介(しょうかい)

ヒイラギとギンモクセイをかけ合わ(あわ)せて出来(でき)()だといわれています。
ヒイラギより大きな(おおきな)同じ(おなじ)(かたち)()をつけます。キンモクセイに()白い(しろい)(はな)咲かせ(さかせ)ます。香り(かおり)もキンモクセイそっくりです。(ゆう)()しかなく、()出来(でき)ません。

みんなの投稿(とうこう)

以下(いか)情報(じょうほう)は、関東(かんとう)地方(ちほう)基準(きじゅん)にしています。エリアによって1ヶ月(かげつ)くらいの()があります。

()(がた)

公園(こうえん)低木(ていぼく)として植え(うえ)られることが多い(おおい)ので、()低い(ひくい)()をよく見かけ(みかけ)ます。

  • 千葉(ちば)()美浜(みはま)()/撮影(さつえい)MayaN/2010.12.23

()

ヒイラギの()少し(すこし)大きく(おおきく)したようなギザギザの葉っぱ(はっぱ)です。

  • 千葉(ちば)()美浜(みはま)()/撮影(さつえい)MayaN/2010.12.23

(はな)

キンモクセイの(はな)とよく()白い(しろい)(はな)咲き(さき)ます。
(はな)香り(かおり)もキンモクセイそっくりです!でもキンモクセイほどは香り(かおり)強く(つよく)はありません。
(はな)時期(じき)はキンモクセイより少し(すこし)遅い(おそい)です。

  • 千葉(ちば)()美浜(みはま)()/撮影(さつえい)MayaN/2020.10.24

()

(ゆう)()しかないので、()がなりません。

(みき)

(さい)(さい)の(かわ)のような(みき)です。

  • 千葉(ちば)()美浜(みはま)()/撮影(さつえい)MayaN/2011.1.8

関わり(かかわり)深い(ふかい)生き物(いきもの)

ヘリグロテントウノミハムシは、黒い(くろい)翅に赤い(あかい)模様(もよう)ありテントウムシにそっくり!葉っぱ(はっぱ)食べる(たべる)ハムシで、(はる)(あき)()られます。触角(しょっかく)はテントウムシより長く(ながく)太い(ふとい)後ろ(うしろ)あしで、ぴょんとジャンプをします。

  • ヘリグロテントウノミハムシ成虫(せいちゅう)(3.5mm)
    千葉(ちば)()美浜(みはま)()幕張(まくはり)海浜(かいひん)公園(こうえん)/撮影(さつえい)MasakoT/2021.4.6

  • ヘリグロテントウノミハムシ幼虫(ようちゅう)()(なか)潜っ(もぐっ)()食べる(たべる)(あたま)(くろ)(からだ)黄色(きいろ)
    千葉(ちば)(けん)習志野(ならしの)()()/撮影(さつえい)MasakoT/2021.5.8

  • (しん)()がヘリグロテントウノミハムシに食べ(たべ)られている。
    千葉(ちば)(けん)船橋(ふなばし)()/撮影(さつえい)MasakoT/2021.4.7