イボタガ

大きな(おおきな)目玉(めだま)模様(もよう)にビックリ!早春(そうしゅん)のガ

  • 地味(じみ)(いろ)だが、大きな(おおきな)目玉(めだま)があり、とても複雑(ふくざつ)模様(もよう)
    千葉(ちば)()若葉(わかば)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2020.3.24

  • 幼虫(ようちゅう)迫力(はくりょく)満点(まんてん)黒い(くろい)ひものような突起(とっき)(おわり)(よわい)幼虫(ようちゅう)になるとなくなる。
    千葉(ちば)()若葉(わかば)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2020.5.26

  • 幼虫(ようちゅう)は、(てき)がくると、黒い(くろい)ひも(じょう)のものを振り回し(ふりまわし)追い払う(おいはらう)
    千葉(ちば)()若葉(わかば)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2020.5.26

  • 若い(わかい)幼虫(ようちゅう)黒っぽく(くろっぽく)かわいい。
    千葉(ちば)()若葉(わかば)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2021.4.27

イボタガの特徴(とくちょう)

(はる)にだけ()られる大きな(おおきな)ガで、「(はる)(さん)(だい)()」の一つ(ひとつ)複雑(ふくざつ)模様(もよう)をしており大きな(おおきな)目玉(めだま)模様(もよう)目立ち(めだち)ます。フクロウの(かお)似せ(にせ)ているとか?都市(とし)周辺(しゅうへん)では減少(げんしょう)しています。
   
大き(おおき)さ:開張(かいちょう)80~115mm
食べ物(たべもの)幼虫(ようちゅう)はモクセイ()(イボタノキ、キンモクセイ、トネリコ、ネズミモチ、ヒイラギなど)の()
成虫(せいちゅう)()られる時期(じき):3~6(つき)
分布(ぶんぷ)北海道(ほっかいどう)本州(ほんしゅう)四国(しこく)九州(きゅうしゅう)