ジャコウアゲハ

ゆったり飛ぶ(とぶ)細身(ほそみ)黒い(くろい)アゲハチョウ

  • オス。つやがない黒色(こくしょく)
    しっぽのような()(じょう)突起(とっき)長い(ながい)
    2022.5.6 / 千葉(ちば)()中央(ちゅうおう)() / 撮影(さつえい) MasakoT

  • メス。はねは薄い(うすい)灰色(はいいろ)でまわりは黒い(くろい)
    2022.6.20 / 千葉(ちば)()美浜(みはま)() / 撮影(さつえい) MasakoT

  • (はる)早く(はやく)、ハナミズキの(はな)やって来(やってき)た。
    2021.4.7 / 千葉(ちば)(けん)船橋(ふなばし)() / 撮影(さつえい) MasakoT

  • メスがウマノスズクサに産卵(さんらん)している。
    2018.6.21 / 千葉(ちば)(けん)習志野(ならしの)() / 撮影(さつえい) MasakoT

  • (たまご)幼虫(ようちゅう)(さなぎ)(さなぎ)独特(どくとく)(かたち)で「おきくむし」と呼ば(よば)れる。
    撮影(さつえい) MasakoT

ジャコウアゲハの特徴(とくちょう)

オスは黒っぽく(くろっぽく)、メスは薄い(うすい)(いろ)をしています。市街地(しがいち)公園(こうえん)など(まち)(ちゅう)でも()られます。幼虫(ようちゅう)(どく)のあるウマノスズクサという(くさ)食べ(たべ)(からだ)(どく)をためています。成虫(せいちゅう)(どく)をもっており、ゆったりと飛び(とび)ます。(MT)
 
大き(おおき)さ:開張(かいちょう)75~100mm
食べ物(たべもの)幼虫(ようちゅう)はウマノスズクサなど 成虫(せいちゅう)(はな)(みつ)など
成虫(せいちゅう)()られる時期(じき):4~10(つき)
分布(ぶんぷ)本州(ほんしゅう)四国(しこく)九州(きゅうしゅう)南西諸島(なんせいしょとう)

正確(せいかく)(たね)判定(はんてい)は、形態(けいたい)細部(さいぶ)まで見る(みる)必要(ひつよう)があります。​

()仲間(なかま)との見分け(みわけ)(かた)

()ている黒い(くろい)アゲハチョウがいます。
クロアゲハは、()(じょう)突起(とっき)短く(みじかく)(まち)(ちゅう)でよく()られます。オスは(こう)ばね(ぜん)(えん)白い(しろい)(おび)があります。
オナガアゲハは、ほっそりしており()(じょう)突起(とっき)長く(ながく)腹部(ふくぶ)黒い(くろい)です。山地(さんち)渓流(けいりゅう)沿い(ぞい)雑木林(ぞうきばやし)(はやし)(えん)()られます。オスは(こう)ばね(ぜん)(えん)白い(しろい)(おび)があります。
ジャコウアゲハは、つやがなくほっそりしており、()(じょう)突起(とっき)長く(ながく)腹部(ふくぶ)(あか)っぽいです。(まち)(ちゅう)()られます。オスは(こう)ばね(ぜん)(えん)白い(しろい)(おび)がありません。

()られる()