エゴヒゲナガゾウムシ

(かお)(うし)みたい!ヒゲが長い(ながい)ゾウムシ

  • オス。(かお)白い(しろい)のっぺらぼうで、突き出(つきで)先端(せんたん)()がある。
    千葉(ちば)(けん)松戸(まつど)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2014.8.3

  • メス。メスの(ほう)(うし)()ている?
    千葉(ちば)(けん)松戸(まつど)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2014.8.3

  • オス。触角(しょっかく)長い(ながい)
    千葉(ちば)(けん)松戸(まつど)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2018.6.17

  • メス。
    千葉(ちば)()花見川(はなみがわ)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2022.7.11

  • エゴの()産卵(さんらん)(あと)
    千葉(ちば)(けん)市川(いちかわ)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2022.8.8

エゴヒゲナガゾウムシの特徴(とくちょう)

(かお)がおもしろいゾウムシ。別名(べつめい)はウシヅラヒゲナガゾウムシと言い(いい)ますが、(うし)(かお)見える(みえる)でしょうか。メスは、(なつ)、エゴノキやハクウンボクの実に(じつに)(あな)をあけて産卵(さんらん)します。幼虫(ようちゅう)()(なか)育ち(そだち)ます。幼虫(ようちゅう)入っ(はいっ)たエゴの()を「ちしゃの(むし)」と呼び(よび)釣り(つり)エサに使わ(つかわ)れました。
  
大き(おおき)さ:体長(たいちょう)3.5~5.5mm
食べ物(たべもの)幼虫(ようちゅう)はエゴノキやハクウンボクの()
成虫(せいちゅう)()られる時期(じき):6~8(つき)
分布(ぶんぷ)本州(ほんしゅう)四国(しこく)九州(きゅうしゅう)

()られる()