()紹介(しょうかい)

エゴノキ

満開(まんかい)白い(しろい)(はな)(ゆき)がつもったよう

()自己(じこ)紹介(しょうかい)

初夏(しょか)()全体(ぜんたい)咲く(さく)(はな)降り積もっ(ふりつもっ)(ゆき)のようでとてもきれいです。
エゴノキの若い(わかい)実は(じつは)サポニンを含ん(ふくん)でいて、(むかし)石鹸(せっけん)代わり(かわり)として使わ(つかわ)れました。そのため「石鹸(せっけん)()」とも呼ば(よば)れます。
(はな)がきれいなので公園(こうえん)(にわ)によく植え(うえ)られています。

以下(いか)情報(じょうほう)は、関東(かんとう)地方(ちほう)基準(きじゅん)にしています。エリアによって1ヶ月(かげつ)くらいの()があります。

()(がた)

(たか)さ8~10mになります。

  • (えん)(にわ)によく植え(うえ)られる
    千葉(ちば)()美浜(みはま)()/撮影(さつえい)MayaN/2020.5.16

  • 水辺(みずべ)好む(このむ)
    千葉(ちば)(けん)船橋(ふなばし)()/撮影(さつえい)MayaN/2020.1.21

()

()薄く(うすく)先端(せんたん)がとがっています。()(えん)(ふち)には浅い(あさい)ギザギザがあります。

  • 千葉(ちば)()美浜(みはま)()/撮影(さつえい)MayaN/2020.8.5

(はな)

(はな)満開(まんかい)になると、白い(しろい)(ゆき)降り積もっ(ふりつもっ)っているように見え(みえ)ます。

  • (はな)満開(まんかい)になると、白い(しろい)(ゆき)降り積もっ(ふりつもっ)たように見える(みえる)
    千葉(ちば)()美浜(みはま)()/撮影(さつえい)MayaN/2020.5.16

  • (はな)下向き(したむき)咲く(さく)
    千葉(ちば)()美浜(みはま)()/撮影(さつえい)MayaN/2020.5.16

()

たくさん実る(みのる)ので目立ち(めだち)ます。若い(わかい)()(かわ)にはサポニンという物質(ぶっしつ)含ま(ふくま)れていて、(むかし)石鹸(せっけん)や、(りょう)使う(つかう)(どく)として使わ(つかわ)れました。
実は(じつは)熟す(じゅくす)と、(かわ)がむけ(ちゅう)(たね)だけが残り(のこり)ます。これをヤマガラなどの(とり)食べ(たべ)()ます。

  • 未熟(みじゅく)実は(じつは)有毒(ゆうどく)
    千葉(ちば)()美浜(みはま)()/撮影(さつえい)MayaN/2020.8.5

関わり(かかわり)深い(ふかい)生き物(いきもの)

オトシブミ((はる)(なつ))のお母さん(おかあさん)は、子ども(こども)のためにエゴノキの()をクルクル巻き(まき)ゆりかごを作り(つくり)ます。このゆりかごの(なか)幼虫(ようちゅう)育ち(そだち)ます。エゴノキの()には、面白い(おもしろい)(かお)をしたゾウムシ((なつ))が見つかる(みつかる)ことがあります。(なに)(かお)見える(みえる)でしょう?また、エゴノネコアシというエゴノネコアシアブラムシが作っ(つくっ)(むし)こぶ((ちゅう)えい)が見つかる(みつかる)(とき)があります。

  • エゴツルクビオトシブミのオス(5-8mm) メスは(くび)短い(みじかい)
    千葉(ちば)(けん)市川(いちかわ)()/撮影(さつえい)MasakoT/2020.6.2

  • エゴツルクビオトシブミの()食べ(たべ)(あと)
    千葉(ちば)(けん)市川(いちかわ)()/撮影(さつえい)MasakoT/2020.6.15

  • エゴツルクビオトシブミのゆりかご 幼虫(ようちゅう)住み(すみ)かでもあり食べ物(たべもの)でもある
    千葉(ちば)(けん)印西(いんざい)()/撮影(さつえい)MasakoT/2020.7.13

  • エゴヒゲナガゾウムシ(4-5mm、メス)ウシヅラヒゲナガゾウムシと呼ば(よば)れる
    千葉(ちば)(けん)松戸(まつど)()/撮影(さつえい)MasakoT/2014.8.3

  • エゴヒゲナガゾウムシ(4-5mm、オス)ウシヅラヒゲナガゾウムシと呼ば(よば)れる
    千葉(ちば)(けん)松戸(まつど)()/撮影(さつえい)MasakoT/2014.8.3

  • エゴノネコアシ(ねこ)(あし)(にく)(だま)のよう
    栃木(とちぎ)(けん)那須(なす)(まち)/撮影(さつえい)MayaN/2020.7.24

名前(なまえ)由来(ゆらい)

エゴノキという名前(なまえ)()(かわ)(くち)含む(ふくむ)と「えぐい」ことから()ていると言わ(いわ)れています。