エゴノネコアシ(エゴノネコアシアブラムシ)

エゴノキにつくネコの(あし)のような(むし)こぶ

  • (むし)こぶの(なか)で、アブラムシはどんどん増える(ふえる)
    千葉(ちば)()若葉(わかば)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2021.6.17

  • 7月頃(つきごろ)、アブラムシは飛び立ち(とびたち)(むし)こぶにあながあいている。
    千葉(ちば)(けん)成田(なりた)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2021.7.5

エゴノネコアシ(エゴノネコアシアブラムシ)の特徴(とくちょう)

エゴノキの(えだ)(さき)にバナナの(ぼう)?ネコの(あし)?エゴノネコアシアブラムシが作っ(つくっ)(むし)こぶです。(むし)こぶは、アブラムシにとって、エサでもあり住み(すみ)かでもあり「お菓子(おかし)(いえ)」のようなもの。アブラムシは、7月頃(つきごろ)、エゴノキからアシボソという(くさ)移動(いどう)します。そしてまた、(あき)にエゴノキに戻っ(もどっ)てきます。
  
成虫(せいちゅう)()られる時期(じき):6~7(つき)

()られる()