クルミハムシ

クルミの()食べる(たべる)ナス紺色(こんいろ)のハムシ

  • (うえ)翅(じょうし)はナスのような(いろ)
    (からだ)扁平(へんぺい)(うえ)翅は長方形(ちょうほうけい)
    写真(しゃしん) / 2021.5.12 千葉(ちば)(けん)市川(いちかわ)() MasakoT

  • (ぜん)(むね)両端(りょうたん)がオレンジ(しょく)
    写真(しゃしん) / 2022.6.29 新潟(にいがた)(けん)長岡(ながおか)() MasakoT

  • 大きな(おおきな)お腹(おなか)のメス。
    (たまご)がたくさん入っ(はいっ)ている。
    写真(しゃしん) / 2022.7.5 青森(あおもり)(けん)八戸(はちのへ)() MasakoT

  • 幼虫(ようちゅう)若い(わかい)ときは黒っぽく(くろっぽく)集団(しゅうだん)()食べ(たべ)ている。 大きく(おおきく)なると()色っぽく(いろっぽく)なる。
    写真(しゃしん) / 2021.5.12 千葉(ちば)(けん)市川(いちかわ)() MasakoT

  • (さなぎ)になったところ。
    写真(しゃしん) / 2022.5.11 千葉(ちば)(けん)市川(いちかわ)() MasakoT

  • (えだ)()集団(しゅうだん)ぶら下がっ(ぶらさがっ)ている(さなぎ)
    どうなっているのだろう?
    写真(しゃしん) / 2021.512 千葉(ちば)(けん)市川(いちかわ)() MasakoT

  • 幼虫(ようちゅう)脱皮(だっぴ)(から)(さき)(さなぎ)になる。
    写真(しゃしん) / 2024.6.28 仙台(せんだい)()太白(たいはく)() MasakoT

  • (さなぎ)から羽化(うか)成虫(せいちゅう)になる。
    写真(しゃしん) / 2024.6.28 仙台(せんだい)()太白(たいはく)() MasakoT

特徴(とくちょう)

クルミの()()られる(ぜん)(むね)がオレンジ(しょく)のハムシ。 クルミの()葉脈(ようみゃく)だけ残し(のこし)て、 ()食べ(たべ)つくすことがあります。 幼虫(ようちゅう)脱皮(だっぴ)(から)(さき)に、 集団(しゅうだん)ぶら下がっ(ぶらさがっ)ている(さなぎ)姿(すがた)がおもしろいです。
   
大き(おおき)さ : 体長(たいちょう)7~8mm
食べ物(たべもの) : 幼虫(ようちゅう)成虫(せいちゅう)ともにオニグルミ、 サワグルミなどの()
成虫(せいちゅう)()られる時期(じき) : 4~7(つき)
分布(ぶんぷ) : 北海道(ほっかいどう)本州(ほんしゅう)四国(しこく)九州(きゅうしゅう)

正確(せいかく)(しゅ)判定(はんてい)は、 形態(けいたい)細部(さいぶ)まで見る(みる)必要(ひつよう)があります。 ​

トピック 天敵(てんてき)

クルミハムシの幼虫(ようちゅう)食べ(たべ)カメノコテントウやって来(やってき)ます。 カメノコテントウは幼虫(ようちゅう)成虫(せいちゅう)も、 クルミハムシの幼虫(ようちゅう)食べ(たべ)ます。

  • カメノコテントウを探し(さがし)てみよう。
    写真(しゃしん) / MasakoT

()仲間(なかま)見分け(みわけ)(かた)

ミヤマヒラタハムシ()ています。
クルミハムシは、 クルミ(るい)()食べる(たべる)(ぜん)(むね)はオレンジ(しょく)真ん中(まんなか)黒っぽい(くろっぽい)触角(しょっかく)黒い(くろい)
ミヤマヒラタハムシは、 カバノキ()植物(しょくぶつ)()食べる(たべる)(ぜん)(むね)はオレンジ(しょく)(まえ)部分(ぶぶん)がややすぼまる。 触角(しょっかく)基部(きぶ)(ほう)黄色(きいろ)っぽい。

  • クルミハムシとミヤマヒラタハムシ
    写真(しゃしん) / MasakoT

()られる()