フタテンオエダシャク

(こう)ばねに黒い(くろい)(てん)が2()あるガ

  • (こう)ばねが少し(すこし)とがって見える(みえる)
    千葉(ちば)(けん)松戸(まつど)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2018.6.17

  • Vの()(せん)がくっきり目立つ(めだつ)
    千葉(ちば)(けん)松戸(まつど)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2020.7.19

フタテンオエダシャクの特徴(とくちょう)

ネムノキにやって来る(やってくる)エダシャクの一種(いっしゅ)(ぜん)ばねと()ばねにある(せん)がつながりVの()見え(みえ)ます。「フタテン」は、(こう)ばねの二つ(ふたつ)黒い(くろい)(てん)指し(さし)ています。
  
大き(おおき)さ:開張(かいちょう)22~28mm
食べ物(たべもの)幼虫(ようちゅう)はネムノキの()
成虫(せいちゅう)()られる時期(じき):5~9(つき)
分布(ぶんぷ)北海道(ほっかいどう)本州(ほんしゅう)四国(しこく)九州(きゅうしゅう)

フタテンオエダシャクの()られる()