ヤマトキジラミ

白い(しろい)(いと)をつけた小さな(ちいさな)キジラミ

  • 成虫(せいちゅう)(たまご)新芽(しんめ)黄色い(きいろい)(たまご)沢山(たくさん)ついている。
    千葉(ちば)(けん)野田(のだ)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2021.4.11

  • 沢山(たくさん)のキジラミがやって来(やってき)て、新芽(しんめ)元気(げんき)がない。
    千葉(ちば)(けん)野田(のだ)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2021.4.11

  • つぼみについている白い(しろい)(いと)のようなものは、幼虫(ようちゅう)がお(しり)につけているロウ物質(ぶっしつ)
    千葉(ちば)(けん)習志野(ならしの)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2022.6.20

  • 小さな(ちいさな)幼虫(ようちゅう)((やく)1.5mm)。
    千葉(ちば)(けん)習志野(ならしの)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2022.6.24

ヤマトキジラミの特徴(とくちょう)

ネムノキで()られるキジラミ。キジラミは小さな(ちいさな)セミのような姿(すがた)をしていますが、アブラムシやカイガラムシに近い(ちかい)仲間(なかま)になります。(からだ)(いろ)緑色(りょくしょく)黄色(きいろ)幼虫(ようちゅう)はお(しり)白い(しろい)(いと)のようなロウ物質(ぶっしつ)をつけています。
 
大き(おおき)さ:体長(たいちょう)1.6~1.9mm
食べ物(たべもの):ネムノキの(つぼみ)新芽(しんめ)

ヤマトキジラミの()られる()