オオスカシバ

ホバリングをしながら、(はな)から(はな)へハチのよう

  • ホバリングして(はな)(みつ)吸う(すう)
    千葉(ちば)(けん)船橋(ふなばし)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2018.10.1

  • 透明(とうめい)なはねの黒い(くろい)(みゃく)目立つ(めだつ)
    千葉(ちば)()若葉(わかば)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2020.6.8

  • (からだ)には(あか)(くろ)(おび)がある。
    千葉(ちば)(けん)船橋(ふなばし)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2020.10.7

  • 背面(はいめん)細かい(こまかい)(よこ)じまがある幼虫(ようちゅう)
    しっぽのような()(かく)(びかく)がある。
    千葉(ちば)(けん)習志野(ならしの)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2022.9.9

  • (おわり)(よわい)幼虫(ようちゅう)(6cm前後(ぜんご))。
    千葉(ちば)(けん)習志野(ならしの)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2022.9.9

  • クチナシの()をムシャムシャ食べ(たべ)ている。
    千葉(ちば)(けん)習志野(ならしの)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2022.9.9

オオスカシバの特徴(とくちょう)

透明(とうめい)のはねを持つ(もつ)スズメガの仲間(なかま)羽化(うか)したてのときは、白っぽい(しろっぽい)鱗粉(りんぷん)がありますが、飛び立つ(とびたつ)ときに鱗粉(りんぷん)がとれて透明(とうめい)なはねになります。お腹(おなか)はウグイス(しょく)太く(ふとく)赤い(あかい)(おび)があり、先端(せんたん)には黒い(くろい)()(たば)があります。(はな)から(はな)へすばやく飛び(とび)空中(くうちゅう)停止(ていし)しながら(みつ)吸い(すい)ます。(まち)(ちゅう)公園(こうえん)でも()られます。
  
大き(おおき)さ:開張(かいちょう)50~70mm
食べ物(たべもの)幼虫(ようちゅう)はクチナシの() 成虫(せいちゅう)(はな)(みつ)
成虫(せいちゅう)()られる時期(じき):6~9(つき)
分布(ぶんぷ)本州(ほんしゅう)四国(しこく)九州(きゅうしゅう)南西諸島(なんせいしょとう)

()られる()