ホシハラビロヘリカメムシ

クズが大好き(だいすき)、2()黒い(くろい)ホシがあるカメムシ

  • 黒い(くろい)(てん)目立つ(めだつ)
    2019.5.9 / 千葉(ちば)(けん)君津(きみつ)() / 撮影(さつえい) MasakoT

  • 交尾(こうび)
    2020.5.11 / 千葉(ちば)(けん)習志野(ならしの)() / 撮影(さつえい) MasakoT

  • 幼虫(ようちゅう)
    2020.7.3 / 千葉(ちば)(けん)船橋(ふなばし)() / 撮影(さつえい) MasakoT

  • (おわり)(よわい)幼虫(ようちゅう)
    2016.9.30 / 千葉(ちば)(けん)習志野(ならしの)() / 撮影(さつえい) MasakoT

ホシハラビロヘリカメムシの特徴(とくちょう)

うす茶(うすちゃ)(しょく)(からだ)小さな(ちいさな)黒い(くろい)(てん)があるカメムシ。都市(とし)周辺(しゅうへん)(くさ)()などで普通(ふつう)()られ、マメ()植物(しょくぶつ)特に(とくに)クズを好み(このみ)ます。(あお)りんごのにおいがするとか?
  
大き(おおき)さ:体長(たいちょう)12~15mm
食べ物(たべもの)幼虫(ようちゅう)成虫(せいちゅう)ともにマメ()植物(しょくぶつ)(クズ、フジなど)の(しる)
成虫(せいちゅう)()られる時期(じき):4~11(つき)(成虫(せいちゅう)越冬(えっとう))
分布(ぶんぷ)本州(ほんしゅう)四国(しこく)九州(きゅうしゅう)

正確(せいかく)(たね)判定(はんてい)は、形態(けいたい)細部(さいぶ)まで見る(みる)必要(ひつよう)があります。​