アオバズク

お寺(おてら)(もり)などにいる身近(みぢか)なミミズク

  • 千葉(ちば)(けん)四日市(よっかいち)() / 撮影(さつえい) FumioS / 2008.7.17

アオバズクの特徴(とくちょう)

(なつ)(とり)で、神社(じんじゃ)お寺(おてら)などの(もり)営巣(えいそう)することがあります。()普通(ふつう)(じゅ)(ほら)作り(つくり)ますが、建造(けんぞう)(ぶつ)作る(つくる)こともあります。夜行(やこう)(せい)小鳥(ことり)小型(こがた)哺乳類(ほにゅうるい)などを捕食(ほしょく)します。オスは「ホゥホゥホゥ」と鳴き(なき)ます。
 
大き(おおき)さ:キジバトより少し(すこし)小さい(ちいさい)全長(ぜんちょう)29cm)
食べ物(たべもの)小型(こがた)哺乳類(ほにゅうるい)(しょう)鳥類(ちょうるい)など
()られる時期(じき)(なつ)
()られる場所(ばしょ)平地(ひらち)山地(さんち)(はやし)神社(じんじゃ)お寺(おてら)(はやし)など

()られる散歩道(さんぽみち)