ホソミオツネントンボ

(ふゆ)(えだ)になりきる細身(ほそみ)のトンボ

  • オス。(はる)青く(あおく)なり美しい(うつくしい)
    2022.4.22 / 千葉(ちば)()若葉(わかば)() / 撮影(さつえい) MasakoT

  • オス。はねを閉じる(とじる)と、黒っぽい(くろっぽい)(もん)重なる(かさなる)
    2022.4.8 / 千葉(ちば)(けん)市川(いちかわ)() / 撮影(さつえい) MasakoT

  • 越冬(えっとう)(ちゅう)のオス。(えだ)になりきっている。
    暖かい(あたたかい)()にはフワリフワリと飛ぶ(とぶ)
    2022.2.25 / 千葉(ちば)(けん)市川(いちかわ)() / 撮影(さつえい) MasakoT

  • メス。腹部(ふくぶ)先端(せんたん)膨らみ(ふくらみ)産卵(さんらん)(かん)がある。
    2022.3.11 / 千葉(ちば)(けん)市川(いちかわ)() / 撮影(さつえい) MasakoT

  • オス((ひだり))とメス((みぎ))が連結(れんけつ)して、植物(しょくぶつ)産卵(さんらん)
    2012.4.24 / 千葉(ちば)()若葉(わかば)() / 撮影(さつえい) MasakoT

ホソミオツネントンボの特徴(とくちょう)

水草(みずくさ)多い(おおい)(いけ)湿地(しっち)などで()られるアオイトトンボの仲間(なかま)。トンボにしては珍しく(めずらしく)成虫(せいちゅう)(ふゆ)越す(こす)ので「おつねん」と名づけ(なづけ)られました。(ふゆ)枯れ葉(かれは)(しょく)をしており、(はる)になると青く(あおく)なりますが、メスはあまり青く(あおく)ならないものもいます。(MT)
 
大き(おおき)さ:体長(たいちょう)35~42mm
食べ物(たべもの)幼虫(ようちゅう)はミジンコ、ボウフラ、水生(すいせい)昆虫(こんちゅう)など 成虫(せいちゅう)昆虫(こんちゅう)など
成虫(せいちゅう)()られる時期(じき):3~12(つき)(成虫(せいちゅう)越冬(えっとう)(ふゆ)でも気温(きおん)上がる(あがる)活動(かつどう)する。)
分布(ぶんぷ)北海道(ほっかいどう)本州(ほんしゅう)四国(しこく)九州(きゅうしゅう)

正確(せいかく)(たね)判定(はんてい)は、形態(けいたい)細部(さいぶ)まで見る(みる)必要(ひつよう)があります。​

()仲間(なかま)との見分け(みわけ)(かた)

オツネントンボ()ています。
ホソミオツネントンボは、はねを閉じ(とじ)たとき、(ぜん)ばねと()ばねの(えん)(もん)重なり(かさなり)ます。
オツネントンボは、はねを閉じ(とじ)たとき、(ぜん)ばねと()ばねの(えん)(もん)重なり(かさなり)ません。

  • (えん)(もん)重なり(かさなり)(むね)模様(もよう)違い(ちがい)識別(しきべつ)