コハシゴシダ

ピョコが独立(どくりつ)します

  • 暖地(だんち)林内(りんない)生える(はえる)
    (みなみ)日本(にっぽん)ほど(かず)多い(おおい)
    写真(しゃしん) / 2022.6.18 千葉(ちば)(けん)松戸(まつど)() S.Ikeda

  • 1つの切れ込み(きれこみ)(()(かた))。
    (じく)接する(せっする)上側(うわがわ)の裂片がピョンと飛び出る(とびでる)
    写真(しゃしん) / 2022.6.18 千葉(ちば)(けん)松戸(まつど)() S.Ikeda

  • このピョコ裂片は(となり)から独立(どくりつ)する。
    しばしば短い(みじかい)()がある。
    (ハシゴシダ基部(きぶ)(となり)とくっつく)
    写真(しゃしん) / 2022.6.18 千葉(ちば)(けん)松戸(まつど)() S.Ikeda

  • (うら)から見る(みる)とわかりやすい。
    写真(しゃしん) / 2022.7.31 千葉(ちば)(けん)松戸(まつど)() S.Ikeda

  • 胞子(ほうし)のう(ぐん)はハシゴシダに()てフチ寄り(より)
    とはいえ、 この()中間(ちゅうかん)見える(みえる)
    写真(しゃしん) / 2022.7.31 千葉(ちば)(けん)松戸(まつど)() S.Ikeda

  • 葉柄(ようへい)
    (くろ)色っぽい(いろっぽい)
    ()はまばら。
    写真(しゃしん) / 2022.7.31 千葉(ちば)(けん)松戸(まつど)() S.Ikeda

  • ()(じく)
    短い(みじかい)()多い(おおい)
    写真(しゃしん) / 2022.7.31 千葉(ちば)(けん)松戸(まつど)() S.Ikeda

  • 新芽(しんめ)
    (もう)多く(おおく)てフサフサ。
    写真(しゃしん) / 2024.5.6 千葉(ちば)(けん)松戸(まつど)() S.Ikeda

特徴(とくちょう)

暖かい(あたたかい)地域(ちいき)(みなみ)日本(にっぽん)でよく()られる小さめ(ちいさめ)のシダ。 ハシゴシダよりも()小さく(ちいさく)細長い(ほそながい)ことが多い(おおい)です。 また、 ()(じく)接する(せっする)(うえ)のピョコっと飛び出(とびで)切れ込み(きれこみ)が、 (となり)とくっつかずに独立(どくりつ)します。
 
()(なが)さ : 20cmくらい
観察(かんさつ)時期(じき) : 一年中(いちねんじゅう)(常緑(じょうりょく)(せい))
生える(はえる)場所(ばしょ) : (てい)(やま)林内(りんない)
分布(ぶんぷ) : 日本(にっぽん)(本州(ほんしゅう)(宮城(みやぎ)以南(いなん)), 四国(しこく), 九州(きゅうしゅう), 琉球(りゅうきゅう)(沖縄(おきなわ)(とう)以北(いほく))), 済州(さいしゅう)(とう), 台湾(たいわん), 中国(ちゅうごく)南部(なんぶ)

正確(せいかく)(しゅ)判定(はんてい)は、 形態(けいたい)細部(さいぶ)まで見る(みる)必要(ひつよう)があります。 ​

()られる散歩道(さんぽみち)