ヤブソテツ

大きく(おおきく)1(かい)(はね)(じょう)切れ込ん(きれこん)()特徴(とくちょう)

  • 細長い(ほそながい)()大きく(おおきく)切れ込む(きれこむ)
    ()()色っぽく(いろっぽく)光沢(こうたく)はない。
    (テリハヤブソテツは(くら)緑色(りょくしょく)光沢(こうたく)強め(つよめ))
    千葉(ちば)(けん)松戸(まつど)() 21世紀(せいき)(もり)広場(ひろば) / 撮影(さつえい) S.Ikeda / 2022.8.8

  • ヤブソテツ(るい)だと気づく(きづく)のは簡単(かんたん)
    問題(もんだい)はそれから(さき)
    (この()はホソバヤマヤブソテツとされる(かた))
    撮影(さつえい) S.Ikeda

  • 1か所(かしょ)から()叢生(そうせい)させる。
    確か(たしか)にソテツっぽさはある…?
    千葉(ちば)(けん)松戸(まつど)() 21世紀(せいき)(もり)広場(ひろば) / 撮影(さつえい) S.Ikeda / 2022.8.18

  • 大きな(おおきな)切れ込み(きれこみ)(()(かた))の拡大(かくだい)
    よく基部(きぶ)上側(うわがわ)にでっぱり((みみ)(しで))が発達(はったつ)する。
    (テリハヤブソテツはほとんど発達(はったつ)しない)
    フラッシュ撮影(さつえい)影響(えいきょう)光沢(こうたく)強く(つよく)見える(みえる)
    千葉(ちば)(けん)松戸(まつど)() 21世紀(せいき)(もり)広場(ひろば) / 撮影(さつえい) S.Ikeda / 2022.8.18

  • この()(みみ)(しで)目立た(めだた)ない。
    (どう)(いち)個体(こたい)(ほか)()には発達(はったつ)していた。
    千葉(ちば)(けん)松戸(まつど)() 21世紀(せいき)(もり)広場(ひろば) / 撮影(さつえい) S.Ikeda / 2022.8.8

  • ()(うら)には丸い(まるい)胞子(ほうし)のう(ぐん)がびっしり。
    ()のフチ寄り(より)多い(おおい)傾向(けいこう)がある。
    千葉(ちば)(けん)松戸(まつど)() 21世紀(せいき)(もり)広場(ひろば) / 撮影(さつえい) S.Ikeda / 2022.8.8

  • 胞子(ほうし)のうを保護(ほご)する(つつみ)(まく)(ほうまく)。
    ミヤコ~,オニ~,ナガバ~中央(ちゅうおう)黒く(くろく)なる。
    ごくまれに(ほん)(しゅ)中央(ちゅうおう)黒く(くろく)なる。
    テリハ~は(つつみ)(まく)がより大きめ(おおきめ)
    千葉(ちば)(けん)松戸(まつど)() 21世紀(せいき)(もり)広場(ひろば) / 撮影(さつえい) S.Ikeda / 2022.8.8

  • (はね)(へん)(さき)には鋸歯(きょし)がある。
    (オニ~やナガバ~は鋸歯(きょし)無い(ない))
    千葉(ちば)(けん)松戸(まつど)() 21世紀(せいき)(もり)広場(ひろば) / 撮影(さつえい) S.Ikeda / 2022.8.8

  • 葉柄(ようへい)基部(きぶ)には褐色(かっしょく)鱗片(りんぺん)多い(おおい)
    千葉(ちば)(けん)松戸(まつど)() 21世紀(せいき)(もり)広場(ひろば) / 撮影(さつえい) S.Ikeda / 2022.8.8

  • 幼い(おさない)個体(こたい)
    千葉(ちば)(けん)松戸(まつど)() 21世紀(せいき)(もり)広場(ひろば) / 撮影(さつえい) S.Ikeda / 2022.1.8

ヤブソテツの特徴(とくちょう)

人家(じんか)近く(ちかく)道ばた(みちばた)にもよく()られるヤブソテツのなかまの代表(だいひょう)(てき)(しゅ)です。とはいえ個体(こたい)によって()(かたち)質感(しつかん)大きく(おおきく)異なる(ことなる)ことから、現在(げんざい)分類(ぶんるい)ははっきりとしていません。()を1か所(かしょ)から叢生(そうせい)(そうせい)させる姿(すがた)裸子植物(らししょくぶつ)のソテツに雰囲気(ふんいき)()ています。
 
ヤブソテツ(るい)大きな(おおきな)(かい)(はね)(じょう)複葉(ふくよう)姿(すがた)特徴(とくちょう)(てき)でわかりやすいですが、(かたち)変異(へんい)多く(おおく)(たね)見分ける(みわける)のは難しい(むずかしい)シダです。よく()られるヤブソテツ(るい)としては()にテリハヤブソテツ、ミヤコヤブソテツ、メヤブソテツ、オニヤブソテツ、ナガバヤブソテツなどがあります。(SI)
 
学名(がくめい):Cyrtomium fortunei
分類(ぶんるい):オシダ()ヤブソテツ(ぞく)
大き(おおき)さ:およそ50cmくらい
観察(かんさつ)時期(じき)一年中(いちねんじゅう)(常緑(じょうりょく)(せい))
生育(せいいく)場所(ばしょ)路傍(ろぼう)斜面(しゃめん)にごくふつう
分布(ぶんぷ)本州(ほんしゅう)九州(きゅうしゅう)