アカアシオオアオカミキリ

ピカピカに輝く(かがやく)緑色(りょくしょく)美しい(うつくしい)

  • ()にいると同じ(おなじ)(いろ)目立た(めだた)ない。
    千葉(ちば)(けん)市川(いちかわ)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2022.8.8

  • 昼間(ひるま)活動(かつどう)せず、()(うら)などで休ん(やすん)でいる。
    千葉(ちば)(けん)市川(いちかわ)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2022.8.8

  • ()(かたち)がおもしろい。
    千葉(ちば)(けん)市川(いちかわ)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2022.8.8

アカアシオオアオカミキリの特徴(とくちょう)

(あたま)(むね)(ぜん)ばねは金属(きんぞく)光沢(こうたく)のある緑色(りょくしょく)で、触角(しょっかく)とあしが(あか)茶色(ちゃいろ)美しい(うつくしい)カミキリムシ。クヌギの大木(たいぼく)多い(おおい)里山(さとやま)などで()られますが、環境(かんきょう)悪化(あっか)している(ところ)では減少(げんしょう)しており、絶滅(ぜつめつ)危惧(きぐ)(しゅ)指定(してい)している(けん)もあります。夜行(やこう)(せい)で、クヌギの樹液(じゅえき)集まり(あつまり)明かり(あかり)にもやって来(やってき)ます。
 
大き(おおき)さ:体長(たいちょう)25~30mm
食べ物(たべもの)成虫(せいちゅう)はクヌギの樹液(じゅえき)など
成虫(せいちゅう)()られる時期(じき):7~8(つき)
分布(ぶんぷ)本州(ほんしゅう)四国(しこく)九州(きゅうしゅう)

()られる()