ヒナバッタ

(くさ)はらに住む(すむ)「く」の()模様(もよう)のかわいいバッタ

  • (ぜん)ばねの後ろ(うしろ)(ほう)白い(しろい)(もん)がある。
    2020.6.16 / 千葉(ちば)(けん)習志野(ならしの)() / 撮影(さつえい) MasakoT

  • オスは腹部(ふくぶ)先端(せんたん)(あか)っぽくなるものがいる。
    腹部(ふくぶ)はしま模様(もよう)
    2022.9.11 / 千葉(ちば)(けん)市川(いちかわ)() / 撮影(さつえい) MasakoT

  • 色素(しきそ)変異(へんい)で、ピンク色(ぴんくいろ)のバッタが見つかる(みつかる)ことがある。
    2018.9.6 / 千葉(ちば)(けん)習志野(ならしの)() / 撮影(さつえい) MasakoT

  • 幼虫(ようちゅう)
    2022.9.4 / 千葉(ちば)()若葉(わかば)() / 撮影(さつえい) MasakoT

  • 幼虫(ようちゅう)
    2022.9.4 / 千葉(ちば)()若葉(わかば)() / 撮影(さつえい) MasakoT

ヒナバッタの特徴(とくちょう)

日当たり(ひあたり)のいい(くさ)はらで()られる背中(せなか)に「く」の()模様(もよう)があるバッタ。1(ねん)に2(かい)発生(はっせい)し、本州(ほんしゅう)において、(たまご)越冬(えっとう)するバッタの(なか)で、もっとも早く(はやく)成虫(せいちゅう)があらわれます。オスは(ぜん)ばねに(こう)あしをこすりつけ、「シュリリリリリ・・・」と小さな(ちいさな)(おと)出し(だし)ます。(MT)
  
大き(おおき)さ:全長(ぜんちょう) オス19~23mm メス25~30mm
食べ物(たべもの):イネ()植物(しょくぶつ)など植物(しょくぶつ)(しょく)
成虫(せいちゅう)()られる時期(じき):4~12(つき)
分布(ぶんぷ)北海道(ほっかいどう)本州(ほんしゅう)四国(しこく)九州(きゅうしゅう)

正確(せいかく)(たね)判定(はんてい)は、形態(けいたい)細部(さいぶ)まで見る(みる)必要(ひつよう)があります。​