フジカンゾウ

()がメガネのような(かたち)

  • 2連結(れんけつ)した()がメガネのようで特徴(とくちょう)(てき)実に(じつに)長い(ながい)()がある。
    千葉(ちば)(けん)(いずみ)自然(しぜん)公園(こうえん) / 撮影(さつえい) SogaToshio / 2016.9.7

  • 淡紅(あわべに)(しょく)(ピンク色(ぴんくいろ))の(ちょう)(がた)(はな)多数(たすう)つける。
    千葉(ちば)(けん)(いずみ)自然(しぜん)公園(こうえん) / 撮影(さつえい) SogaToshio / 2016.9.7

  • 雄しべ(おしべ)は10(ほん)(はな)(いと)合体(がったい)しており、1(ほん)雌しべ(めしべ)先端(せんたん)小型(こがた)柱頭(ちゅうとう)がある。
    千葉(ちば)(けん)(いずみ)自然(しぜん)公園(こうえん) / 撮影(さつえい) SogaToshio / 2016.9.7

  • 花序(かじょ)長く(ながく)()よりも上方(かみがた)()て、50㎝にも達する(たっする)ことがある。
    茨城(いばらき)(けん)豊里(とよさと)ゆかりの(もり) / 撮影(さつえい) htanaka / 2022.9.5

  • ()は5~7(まい)(しょう)()からなる奇数(きすう)()(じょう)複葉(ふくよう)(しょう)()(さき)尖る(とがる)
    茨城(いばらき)(けん)豊里(とよさと)ゆかりの(もり) / 撮影(さつえい) htanaka / 2022.9.5

  • (はやし)(なか)群生(ぐんせい)するフジカンゾウ。花穂(かすい)(かぜ)になびいてきれい。
    茨城(いばらき)(けん)豊里(とよさと)ゆかりの(もり) / 撮影(さつえい) htanaka / 2022.9.5

フジカンゾウの特徴(とくちょう)

(はな)(ふじ)(フジ)に()ていて、姿(すがた)薬草(やくそう)として栽培(さいばい)されるマメ()甘草(かんぞう)(カンゾウ)に()ていることから、(ふじ)甘草(かんぞう)(フジカンソウ)と名付け(なづけ)られました。別名(べつめい)盗人(ぬすびと)(あし)(ヌスビトアシ)は()(かたち)によるものです。(きん)(えん)のヌスビトハギより(はな)()大型(おおがた)です。
 
タイプ:マメ()ヌスビトハギ(ぞく)多年草(たねんそう)
大き(おおき)さ:(たか)さ50-150cm、(はな)(なが)さ 8-10mm
(はな)時期(じき):8-9(つき)
生育(せいいく)場所(ばしょ)平地(ひらち)(てい)山地(さんち)林内(りんない)
分布(ぶんぷ)本州(ほんしゅう)九州(きゅうしゅう) 朝鮮(ちょうせん)中国(ちゅうごく)

 

体験(たいけん)遊び(あそび)

実に(じつに)表面(ひょうめん)細かい(こまかい)かぎ(がた)()があって、衣服(いふく)にくっつきます。衣服(いふく)(ぬの)張り付け(はりつけ)遊ん(あそん)でみましょう。フジカンゾウの()(なか)(たね)があります)は動物(どうぶつ)などにくっついて運ば(はこば)れることで、遠い(とおい)場所(ばしょ)芽生え(めばえ)生育(せいいく)場所(ばしょ)広げ(ひろげ)ます。ほかにもくっつく()がないか探し(さがし)てみましょう。

()られる散歩道(さんぽみち)