コオニヤンマ

日本(にっぽん)最大(さいだい)のサナエトンボ

  • オスは腹部(ふくぶ)がほっそりしている。
    東京(とうきょう)()八王子(はちおうじ)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2018.6.22

  • (はな)にとまるオス。
    新潟(にいがた)(けん)長岡(ながおか)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2022.6.29

  • はねを開き(ひらき)水平(すいへい)にとまることが多い(おおい)
    東京(とうきょう)()八王子(はちおうじ)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2017.6.20

  • 複眼(ふくがん)緑色(りょくしょく)離れ(はなれ)ている。
    千葉(ちば)()若葉(わかば)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2017.7.25

  • ヤゴ(抜け殻(ぬけがら))。平たく(ひらたく)枯れ葉(かれは)のよう。
    幼虫(ようちゅう)期間(きかん)は2~4(ねん)程度(ていど)
    千葉(ちば)(けん)市原(いちはら)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2005.6.19

コオニヤンマの特徴(とくちょう)

(からだ)大きい(おおきい)わりに(あたま)小さく(ちいさく)(こう)あしが長い(ながい)のが特徴(とくちょう)です。どう猛(どうもう)で、自分(じぶん)より大きな(おおきな)トンボも捕食(ほしょく)します。(かわ)中流(ちゅうりゅう)下流(かりゅう)小川(おがわ)()られます。
 
大き(おおき)さ:体長(たいちょう)80~90mm
食べ物(たべもの)昆虫(こんちゅう)など
成虫(せいちゅう)()られる時期(じき):5~9(つき)
分布(ぶんぷ)北海道(ほっかいどう)本州(ほんしゅう)四国(しこく)九州(きゅうしゅう)