アシナガオニゾウムシ

オスの(ぜん)あしが(ちょう)~い白黒(しろくろ)のゾウムシ

  • オス((ひだり))は(ぜん)あしが長い(ながい)。 メス((みぎ))は短い(みじかい)
    写真(しゃしん) / 2019.7.11 千葉(ちば)(けん)習志野(ならしの)() MasakoT

  • メス((ひだり))、 オス((みぎ))。
    写真(しゃしん) / 2019.7.27 千葉(ちば)(けん)習志野(ならしの)() MasakoT

  • 交尾(こうび)
    写真(しゃしん) / 2017.5.11 千葉(ちば)(けん)習志野(ならしの)() MasakoT

  • オス2(とう)がメスの取り合い(とりあい)
    写真(しゃしん) / 2019.7.27 千葉(ちば)(けん)習志野(ならしの)() MasakoT

  • (よこ)から見る(みる)凸凹(おうとつ)がある。 口吻(こうふん)(こうふん=細長い(ほそながい)(くち)器官(きかん))は(した)向い(むい)ており、 幅広(はばひろ)短い(みじかい)
    写真(しゃしん) / 2019.5.17 千葉(ちば)(けん)松戸(まつど)() MasakoT

特徴(とくちょう)

エノキの枯れ木(かれき)集まる(あつまる)ゴツゴツしたゾウムシ。 オスの(ぜん)あしが長い(ながい)のが特徴(とくちょう)危険(きけん)がせまると、 あしを折りたたみ(おりたたみ)死ん(しん)だふりをします。 メスをめぐり、 オスどおしで、 長い(ながい)(ぜん)あしを使い(つかい)争い(あらそい)ます。
 
大き(おおき)さ : 体長(たいちょう)8~12mm
食べ物(たべもの) : 幼虫(ようちゅう)はエノキの枯れ木(かれき)
成虫(せいちゅう)()られる時期(じき) : 5~8(つき)
分布(ぶんぷ) : 本州(ほんしゅう)四国(しこく)九州(きゅうしゅう)

正確(せいかく)(しゅ)判定(はんてい)は、 形態(けいたい)細部(さいぶ)まで見る(みる)必要(ひつよう)があります。 ​