シダレヤナギハオオコブフシ(コブハバチの一種(いっしゅ))

シダレヤナギの()にまるいコブ

  • ()基部(きぶ)近く(ちかく)主脈(しゅみゃく)につくる。
    写真(しゃしん) / 2022.6.20 千葉(ちば)(けん)習志野(ならしの)() MasakoT

  • ()緑色(りょくしょく)(むし)こぶ。
    写真(しゃしん) / 2022.6.20 千葉(ちば)(けん)習志野(ならしの)() MasakoT

  • ()両面(りょうめん)がふくれる。
    写真(しゃしん) / 2023.5.5 千葉(ちば)(けん)習志野(ならしの)() MasakoT

  • (あき)には(あか)っぽくなる。
    写真(しゃしん) / 2023.5.16 千葉(ちば)()中央(ちゅうおう)() MasakoT

  • (むし)こぶの(なか)広く(ひろく)幼虫(ようちゅう)が1(ひき)いる。
    写真(しゃしん) / 2023.5.5 千葉(ちば)(けん)習志野(ならしの)() MasakoT

特徴(とくちょう)

コブハバチの仲間(なかま)作っ(つくっ)(むし)こぶ。シダレヤナギの()基部(きぶ)近く(ちかく)主脈(しゅみゃく)作ら(つくら)れる1~1.5cmくらいのまるい(むし)こぶで、()両面(りょうめん)がふくれます。
 
成虫(せいちゅう)()られる時期(じき):4~5(つき)
分布(ぶんぷ)本州(ほんしゅう)九州(きゅうしゅう)

正確(せいかく)(しゅ)判定(はんてい)は、形態(けいたい)細部(さいぶ)まで見る(みる)必要(ひつよう)があります。​

(むし)こぶとは

昆虫(こんちゅう)、ダニ、菌類(きんるい)などの寄生(きせい)によって、植物(しょくぶつ)一部(いちぶ)異常(いじょう)細胞(さいぼう)分裂(ぶんれつ)をおこし、こぶになったり、いろいろな(かたち)変化(へんか)したものです。(むし)えい(ちゅうえい)、ゴールとも言わ(いわ)れます。(むし)こぶは、(むし)にとって、住まい(すまい)でもあり食事(しょくじ)場所(ばしょ)でもあり、「お菓子(おかし)(いえ)」のようなものです。
(むし)こぶの名前(なまえ)は、「植物(しょくぶつ)名前(なまえ)+つくられる場所(ばしょ)(むし)こぶの(かたち)+フシ((ちゅう)こぶのこと)」という(かたち)でつけられます。

()られる()