イワイタチシダ

岩場(いわば)多い(おおい)モジャモジャのシダ

  • 山地(さんち)(いわ)(かべ)生える(はえる)
    写真(しゃしん) / 2023.7.11 東京(とうきょう)()奥多摩(おくたま)(まち) S.Ikeda

  • 根茎(こんけい)(はす)(じょう)させてまばらに()出す(だす)
    ()(あお)(みどり)色っぽく(いろっぽく)(ほそ)長め(ながめ)
    写真(しゃしん) / 2023.7.11 東京(とうきょう)()奥多摩(おくたま)(まち) S.Ikeda

  • 小羽(おば)(へん)(さき)(うら)巻く(まく)
    フチに鋸歯(きょし)はない。
    写真(しゃしん) / 2023.7.11 東京(とうきょう)()奥多摩(おくたま)(まち) S.Ikeda

  • ()(うら)
    胞子(ほうし)のう(ぐん)をフチと(みゃく)中間(ちゅうかん)につける。
    写真(しゃしん) / 2023.7.11 東京(とうきょう)()奥多摩(おくたま)(まち) S.Ikeda

  • (つつみ)(まく)はCの(かたち)
    フチに突起(とっき)はない。
    写真(しゃしん) / 2023.7.11 東京(とうきょう)()奥多摩(おくたま)(まち) S.Ikeda

  • 葉柄(ようへい)
    鱗片(りんぺん)黒く(くろく)反り返る(そりかえる)ように大きく(おおきく)開く(ひらく)
    基部(きぶ)鱗片(りんぺん)イヌイワイタチシダ違い(ちがい)長く(ながく)ならない傾向(けいこう)がある。
    写真(しゃしん) / 2023.7.11 東京(とうきょう)()奥多摩(おくたま)(まち) S.Ikeda

  • ()(じく)
    鱗片(りんぺん)反り返る(そりかえる)ように大きく(おおきく)開く(ひらく)
    モジャモジャ。
    写真(しゃしん) / 2023.7.11 東京(とうきょう)()奥多摩(おくたま)(まち) S.Ikeda

特徴(とくちょう)

深い(ふかい)(やま)岩場(いわば)生える(はえる)シダ。 ヤマイタチシダによく()ていますが、 ()はより細長い(ほそながい)感じ(かんじ)で、 ()(じく)鱗片(りんぺん)反り返る(そりかえる)ように大きく(おおきく)開い(ひらい)てモジャモジャしています。
 
()(なが)さ : 20~40cm
観察(かんさつ)時期(じき) : 一年中(いちねんじゅう)(常緑(じょうりょく)(せい))
生える(はえる)場所(ばしょ) : 山地(さんち)(いわ)(かべ)
分布(ぶんぷ) : 北海道(ほっかいどう)本州(ほんしゅう)四国(しこく)九州(きゅうしゅう)朝鮮(ちょうせん)中国(ちゅうごく)

正確(せいかく)(しゅ)判定(はんてい)は、 形態(けいたい)細部(さいぶ)まで見る(みる)必要(ひつよう)があります。 ​