イヌイワイタチシダ

モジャモジャのヤマイタチシダ

  • (はやし)床や(とこや)岩場(いわば)生える(はえる)
    写真(しゃしん) / 2023.9 群馬(ぐんま)(けん) S.Ikeda

  • 根茎(こんけい)短く(みじかく)(はす)(じょう)させて()出す(だす)
    写真(しゃしん) / 2023.9 群馬(ぐんま)(けん) S.Ikeda

  • (はね)(へん)
    表面(ひょうめん)はくすんだ緑色(りょくしょく)
    ()(はば)広め(ひろめ)なことが多い(おおい)が、 細め(ほそめ)イワイタチシダ酷似(こくじ)しているものもある。
    写真(しゃしん) / 2023.9 群馬(ぐんま)(けん) S.Ikeda

  • 最下(さいか)()(へん)()(じく)接する(せっする)(もと)(しょう)(はね)(へん)一番(いちばん)長い(ながい)
    合わせ(あわせ)(はち)()見える(みえる)
    写真(しゃしん) / 2023.9 群馬(ぐんま)(けん) S.Ikeda

  • 小羽(おば)(へん)
    フチは裏側(うらがわ)巻く(まく)
    (さき)のフチの鋸歯(きょし)不明瞭(ふめいりょう)
    写真(しゃしん) / 2023.9 群馬(ぐんま)(けん) S.Ikeda

  • ()(うら)
    胞子(ほうし)のう(ぐん)円形(えんけい)大きめ(おおきめ)
    (つつみ)(まく)はCの(かたち)で、 フチに突起(とっき)がない。
    写真(しゃしん) / 2023.9 群馬(ぐんま)(けん) S.Ikeda

  • 葉柄(ようへい)
    黒く(くろく)細い(ほそい)鱗片(りんぺん)多く(おおく)開き(ひらき)具合(ぐあい)個体(こたい)()がある。
    基部(きぶ)鱗片(りんぺん)イワイタチシダより長い(ながい)傾向(けいこう)がある。
    写真(しゃしん) / 2023.9 群馬(ぐんま)(けん) S.Ikeda

  • ()(じく)
    鱗片(りんぺん)反り返る(そりかえる)ように大きく(おおきく)開く(ひらく)
    イワイタチシダによく()特徴(とくちょう)
    写真(しゃしん) / 2023.9 群馬(ぐんま)(けん) S.Ikeda

  • 胞子(ほうし)のう1つを壊し(こわし)たもの。
    イヌイワイタチシダは無配(むはい)生殖(せいしょく)という繁殖(はんしょく)方法(ほうほう)をとっていて胞子(ほうし)(すう)は32()で、 これはヤマイタチシダ同じ(おなじ)イワイタチシダ有性(ゆうせい)生殖(せいしょく)で2(ばい)の64()となる。
    写真(しゃしん) / S.Ikeda

特徴(とくちょう)

(おも)涼しい(すずしい)山地(さんち)生える(はえる)シダ。 全体(ぜんたい)(てき)見た目(みため)ヤマイタチシダ()ていることが多い(おおい)ですが、 ()(じく)鱗片(りんぺん)大きく(おおきく)開い(ひらい)てモジャモジャしているところはイワイタチシダっぽさがあります。
 
()(なが)さ : 30~90cm
観察(かんさつ)時期(じき) : 一年中(いちねんじゅう)(常緑(じょうりょく)(せい))
生える(はえる)場所(ばしょ) : 山地(さんち)(はやし)床や(とこや)岩場(いわば)など
分布(ぶんぷ) : 北海道(ほっかいどう)(奥尻(おくしり)(とう))、 本州(ほんしゅう)四国(しこく)九州(きゅうしゅう)(熊本(くまもと))、 朝鮮(ちょうせん)

正確(せいかく)(しゅ)判定(はんてい)は、 形態(けいたい)細部(さいぶ)まで見る(みる)必要(ひつよう)があります。 ​

ヤマイタチシダと遺伝(いでん)(てき)には同種(どうしゅ)

近年(きんねん)研究(けんきゅう)から、 イヌイワイタチシダはヤマイタチシダとほぼ同じ(おなじ)遺伝子(いでんし)持っ(もっ)ていることがわかっていて、 ヤマイタチシダの異名(いみょう)(シノニムという)であるとする論文(ろんぶん)発表(はっぴょう)されています。
 
これに従う(したがう)とイヌイワイタチシダという種類(しゅるい)がなくなるので、 本来(ほんらい)であればページを分ける(わける)べきではありません。 ただ、 見た目(みため)区別(くべつ)ができるため、 現在(げんざい)のところは分け(わけ)紹介(しょうかい)しています。