シビイタチシダ

(いち)()絶滅(ぜつめつ)!?(いま)植物(しょくぶつ)(えん)生きる(いきる)シダ

  • かつて石垣(いしがき)すき間(すきま)見つかっ(みつかっ)た。
    これは若葉(わかば)
    写真(しゃしん) / 2024.5 筑波(つくば)実験(じっけん)植物(しょくぶつ)(えん)((うえ)栽) S.Ikeda

  • 根茎(こんけい)(はす)(じょう)させて()出す(だす)
    若葉(わかば)()(みどり)色っぽい(いろっぽい)
    写真(しゃしん) / 2024.5 筑波(つくば)実験(じっけん)植物(しょくぶつ)(えん)((うえ)栽) S.Ikeda

  • ()はやや硬め(かため)質感(しつかん)
    ()(さき)はなだらかに細く(ほそく)なる。
    写真(しゃしん) / 2024.5 筑波(つくば)実験(じっけん)植物(しょくぶつ)(えん)((うえ)栽) S.Ikeda

  • (はね)(へん)
    基部(きぶ)ほど小羽(おば)(へん)長く(ながく)深く(ふかく)切れ込む(きれこむ)
    写真(しゃしん) / 2024.5 筑波(つくば)実験(じっけん)植物(しょくぶつ)(えん)((うえ)栽) S.Ikeda

  • 最下(さいか)()(へん)
    写真(しゃしん) / 2024.5 筑波(つくば)実験(じっけん)植物(しょくぶつ)(えん)((うえ)栽) S.Ikeda

  • ()(じく)接する(せっする)下向き(したむき)小羽(おば)(へん)長め(ながめ)だが顕著(けんちょ)ではなく、 となりの(しょう)(はね)(へん)同じ(おなじ)くらいの(なが)さのことがある。 これは長い(ながい)オオイタチシダと、 短め(みじかめ)ギフベニシダ中間(ちゅうかん)特徴(とくちょう)
    写真(しゃしん) / 2024.5 筑波(つくば)実験(じっけん)植物(しょくぶつ)(えん)((うえ)栽) S.Ikeda

  • ()(うら)
    胞子(ほうし)のう(ぐん)円形(えんけい)
    フチと(みゃく)中間(ちゅうかん)につく。
    写真(しゃしん) / 2024.5 筑波(つくば)実験(じっけん)植物(しょくぶつ)(えん)((うえ)栽) S.Ikeda

  • 若い(わかい)胞子(ほうし)のう(ぐん)
    (つつみ)(まく)はCの(かたち)灰白色(かいはくしょく)
    (はね)(じく)鱗片(りんぺん)基部(きぶ)(ふくろ)(じょう)にならない。
    写真(しゃしん) / 2024.5 筑波(つくば)実験(じっけん)植物(しょくぶつ)(えん)((うえ)栽) S.Ikeda

  • 葉柄(ようへい)基部(きぶ)
    茶色(ちゃいろ)っぽい鱗片(りんぺん)黒い(くろい)鱗片(りんぺん)混ざる(まざる)茶色(ちゃいろ)っぽいギフベニシダ黒い(くろい)オオイタチシダ中間(ちゅうかん)っぽさの()ている特徴(とくちょう)
    写真(しゃしん) / 2024.5 筑波(つくば)実験(じっけん)植物(しょくぶつ)(えん)((うえ)栽) S.Ikeda

  • 葉柄(ようへい)上部(じょうぶ)
    茶色(ちゃいろ)っぽい鱗片(りんぺん)多く(おおく)中央(ちゅうおう)黒い(くろい)鱗片(りんぺん)混ざる(まざる)
    写真(しゃしん) / 2024.5 筑波(つくば)実験(じっけん)植物(しょくぶつ)(えん)((うえ)栽) S.Ikeda

  • ()(じく)
    茶色(ちゃいろ)っぽい鱗片(りんぺん)中央(ちゅうおう)黒い(くろい)鱗片(りんぺん)混ざる(まざる)
    最初(さいしょ)多い(おおい)が、 ()にまばらになる。
    鱗片(りんぺん)基部(きぶ)(ふくろ)(じょう)にならない。
    写真(しゃしん) / 2024.5 筑波(つくば)実験(じっけん)植物(しょくぶつ)(えん)((うえ)栽) S.Ikeda

  • 新芽(しんめ)
    たくさんの鱗片(りんぺん)のつく感じ(かんじ)がイタチっぽい?
    写真(しゃしん) / 2024.5 筑波(つくば)実験(じっけん)植物(しょくぶつ)(えん)((うえ)栽) S.Ikeda

特徴(とくちょう)

オオイタチシダギフベニシダ雑種(ざっしゅ)起源(きげん)生まれ(うまれ)たと考え(かんがえ)られているシダで、 ()(がた)鱗片(りんぺん)(いろ)などに(りょう)(たね)特徴(とくちょう)合わさっ(あわさっ)ています。 日本(にっぽん)固有(こゆう)(しゅ)ですが、 唯一(ゆいいつ)生え(はえ)ていた鹿児島(かごしま)(けん)西部(せいぶ)紫尾(しび)(さん)長年(ながねん)(さい)発見(はっけん)されていない、 野生(やせい)絶滅(ぜつめつ)のとても珍しい(めずらしい)シダです。
 
()(なが)さ : 40~100cm
観察(かんさつ)時期(じき) : 一年中(いちねんじゅう)(常緑(じょうりょく)(せい))
生え(はえ)ていた場所(ばしょ) : (てい)(やま)石垣(いしがき)すき間(すきま)
分布(ぶんぷ) : 九州(きゅうしゅう)紫尾(しび)(さん)のみ(野生(やせい)絶滅(ぜつめつ))

正確(せいかく)(しゅ)判定(はんてい)は、 形態(けいたい)細部(さいぶ)まで見る(みる)必要(ひつよう)があります。 ​

植物(しょくぶつ)(えん)生き残っ(いきのこっ)ていた!

シビイタチシダは一時期(いちじき)生き(いき)ている(かぶ)確認(かくにん)されていなかったことから、 2007(ねん)には環境省(かんきょうしょう)レッドリストによって「絶滅(ぜつめつ)」とされていました。 しかし、 同年(どうねん)9(つき)茨城(いばらき)(けん)つくば()筑波(つくば)実験(じっけん)植物(しょくぶつ)(えん)生き(いき)ている(かぶ)(さい)発見(はっけん)されたのです。
 
()鹿児島(かごしま)(けん)個人(こじん)(たく)でも生き(いき)ている(かぶ)見つかり(みつかり)、 カテゴリが「絶滅(ぜつめつ)」から「野生(やせい)絶滅(ぜつめつ)」に変更(へんこう)されました。 植物(しょくぶつ)(えん)保護(ほご)増殖(ぞうしょく)活動(かつどう)により、 (いま)では50(かぶ)以上(いじょう)増え(ふえ)絶滅(ぜつめつ)危機(きき)から免れる(まぬかれる)ことができでいます。
 
このように植物(しょくぶつ)(えん)は、 ただ単に(たんに)植物(しょくぶつ)植え(うえ)ているだけの施設(しせつ)ではありません。 貴重(きちょう)植物(しょくぶつ)次世代(じせだい)残し(のこし)ていくための大きな(おおきな)役割(やくわり)担っ(になっ)ています。

執筆(しっぴつ)協力(きょうりょく) : 撮影(さつえい)にあたり、 筑波(つくば)実験(じっけん)植物(しょくぶつ)(えん)のご協力(きょうりょく)頂き(いただき)ました。