オオイタチシダ

(はち)()探そ(さがそ)う! 身近(みぢか)幅広(はばひろ)のイタチシダ

  • 低地(ていち)林内(りんない)多い(おおい)
    このスライドはアツバオオイタチシダというタイプ。
    写真(しゃしん) / 2024.5 神奈川(かながわ)(けん) S.Ikeda

  • 根茎(こんけい)(はす)(じょう)させて()出す(だす)
    (すう)(まい)だけ()出し(だし)ていることが多い(おおい)
    写真(しゃしん) / 2024.5 神奈川(かながわ)(けん) S.Ikeda

  • ()(さき)
    やや(きゅう)細く(ほそく)なる。
    写真(しゃしん) / 2024.5 神奈川(かながわ)(けん) S.Ikeda

  • (はね)(へん)
    アツバタイプは厚く(あつく)()のフチが内側(うちがわ)曲がる(まがる)
    写真(しゃしん) / 2024.5 神奈川(かながわ)(けん) S.Ikeda

  • 最下(さいか)()(へん)
    中央(ちゅうおう)(いち)(ばん)()注目(ちゅうもく)しよう。
    写真(しゃしん) / 2024.5 神奈川(かながわ)(けん) S.Ikeda

  • 最下(さいか)()(へん)()(じく)接する(せっする)下向き(したむき)の2つの(しょう)(はね)(へん)長く(ながく)(はち)()見える(みえる)。 イタチシダに共通(きょうつう)特徴(とくちょう)
    ベニシダはとても小さい(ちいさい)
    写真(しゃしん) / 2024.5 神奈川(かながわ)(けん) S.Ikeda

  • 小羽(おば)(へん)
    (さき)にはっきりとした鋸歯(きょし)がある。
    ヤマイタチシダイワオオイタチシダ鋸歯(きょし)がはっきりしないことが多い(おおい)
    写真(しゃしん) / 2023.6 千葉(ちば)(けん) S.Ikeda

  • ()(うら)
    胞子(ほうし)のう(ぐん)円形(えんけい)で、 (みゃく)とフチの中間(ちゅうかん)につく。
    写真(しゃしん) / 2024.5 神奈川(かながわ)(けん) S.Ikeda

  • (つつみ)(まく)はCの(かたち)
    フチが波状(はじょう)で、 少し(すこし)()(じょう)突起(とっき)がある。
    写真(しゃしん) / 2024.5 神奈川(かながわ)(けん) S.Ikeda

  • 葉柄(ようへい)
    細く(ほそく)黒っぽい(くろっぽい)鱗片(りんぺん)多い(おおい)
    写真(しゃしん) / 2023.6 千葉(ちば)(けん) S.Ikeda

  • ()(じく)
    より細く(ほそく)黒っぽい(くろっぽい)鱗片(りんぺん)多い(おおい)
    写真(しゃしん) / 2024.5 神奈川(かながわ)(けん) S.Ikeda

  • (はね)(じく)
    鱗片(りんぺん)基部(きぶ)平面(へいめん)またはやや(ふくろ)(じょう)
    ナンカイイタチシダはより平面(へいめん)(てき)印象(いんしょう)がある。
    写真(しゃしん) / 2024.5 神奈川(かながわ)(けん) S.Ikeda

  • 新芽(しんめ)
    くるくる巻き(まき)ではない。
    写真(しゃしん) / 2024.4 神奈川(かながわ)(けん) S.Ikeda

  • 若葉(わかば)
    いずれのタイプに共通(きょうつう)して黄土(おうど)色っぽい(いろっぽい)
    写真(しゃしん) / 2024.5 千葉(ちば)(けん) S.Ikeda

  • 1(まい)()
    ヤマイタチシダ区別(くべつ)できるいずれのタイプにも共通(きょうつう)する特徴(とくちょう)としては、 ①()(はば)広め(ひろめ)なこと、 ②(しょう)(はね)(へん)(さき)にはっきりとした鋸歯(きょし)があること、 ③()(さき)がやや(きゅう)細く(ほそく)なること、 ④()(じく)鱗片(りんぺん)基部(きぶ)平面(へいめん)(てき)なものが多い(おおい)などがある。
    写真(しゃしん) / S.Ikeda

特徴(とくちょう)

都市(とし)公園(こうえん)でもごく普通(ふつう)()られるシダ。 同じく(おなじく)身近(みぢか)ヤマイタチシダ()ていますが、 ()(はば)がより広め(ひろめ)()(さき)がやや(きゅう)細く(ほそく)なることや、 切れ込み(きれこみ)(さき)のフチにはっきりとしたギザギザ(鋸歯(きょし))があることなどが特徴(とくちょう)です。 葉柄(ようへい)にたくさんつく鱗片(りんぺん)がイタチに例え(たとえ)られ、 別名(べつめい)をキンキイタチシダといいます。
 
()(なが)さ : 30~90cm
観察(かんさつ)時期(じき) : 一年中(いちねんじゅう)(常緑(じょうりょく)(せい))
生える(はえる)場所(ばしょ) : (てい)(やま)林内(りんない)
分布(ぶんぷ) : 本州(ほんしゅう)四国(しこく)九州(きゅうしゅう)琉球(りゅうきゅう)(沖縄(おきなわ)(とう)以北(いほく))、 朝鮮(ちょうせん)中国(ちゅうごく)

正確(せいかく)(しゅ)判定(はんてい)は、 形態(けいたい)細部(さいぶ)まで見る(みる)必要(ひつよう)があります。 ​

様々(さまざま)なタイプ

オオイタチシダは見た目(みため)違う(ちがう)いくつかのタイプがあることで知ら(しら)れています。
 
(うえ)のスライドは()のフチが内側(うちがわ)巻く(まく)アツバオオイタチシダといわれるタイプです。 そのほかにも、 ()()緑色(りょくしょく)でツヤがないものはツヤナシオオイタチシダ()平面(へいめん)(てき)でツヤのあるものはアオニオオイタチシダ呼ば(よば)れています。 以前(いぜん)までこの1つに含ま(ふくま)れていたベニオオイタチシダは、 2018(ねん)新種(しんしゅ)として独立(どくりつ)しました。