()紹介(しょうかい)

サワラ

ヒノキに()ていて、より軽やか(かろやか)姿(すがた)

()自己(じこ)紹介(しょうかい)

ヒノキに()ていますが、()がよりまばらで透け(すけ)見える(みえる)ので軽やか(かろやか)感じ(かんじ)がします。
()(うら)むけると、X(エックス)の文字(もじ)のような白い(しろい)模様(もよう)があります。
サワラの(ざい)ご飯(ごはん)のおひつなどに使わ(つかわ)れます。

以下(いか)情報(じょうほう)は、関東(かんとう)地方(ちほう)基準(きじゅん)にしています。エリアによって1ヶ月(かげつ)くらいの()があります。

()(がた)

先端(せんたん)がとがったクリスマスツリーのような(かたち)をしてます。
()がまばらで透け(すけ)見え(みえ)ます。
成長(せいちょう)すると(たか)さ30mにも達する(たっする)巨木(きょぼく)になります。

  • ()はまばらでむこうが透け(すけ)見える(みえる)
    栃木(とちぎ)(けん)那須(なす)(ぐん)那須(なす)(まち)/撮影(さつえい)MayaN/2020.7.24

  • ()密度(みつど)低く(ひくく)さわやかな感じ(かんじ)
    栃木(とちぎ)(けん)那須(なす)(ぐん)那須(なす)(まち)/撮影(さつえい)MayaN/2020.7.24

()

小さな(ちいさな)ウロコのような葉っぱ(はっぱ)です。
()先端(せんたん)がヒノキの()よりも尖っ(とがっ)ています。
()(うら)むけると、X(エックス)の文字(もじ)(ちょう)のような白い(しろい)模様(もよう)があります。

  • ()(ひょう)はウロコ(じょう)
    栃木(とちぎ)(けん)那須(なす)(まち)/撮影(さつえい)MayaN/2020.7.23

  • ()(うら)にはXの()見える(みえる)模様(もよう)がある
    栃木(とちぎ)(けん)那須(なす)(まち)/撮影(さつえい)MayaN/2020.7.23

  • ()(うら)(ちょう)模様(もよう)見える(みえる)()もある
    栃木(とちぎ)(けん)那須(なす)(まち)/撮影(さつえい)MayaN/2020.7.23

()

小さな(ちいさな)小さな(ちいさな)松ぼっくり(まつぼっくり)のような(たま)(はて)がなります。(なか)には小さな(ちいさな)細かい(こまかい)(たね)挟まっ(はさまっ)ています。

  • 栃木(とちぎ)(けん)那須(なす)(まち)/撮影(さつえい)MayaN/2020.7.23

(みき)

(あか)茶色(ちゃいろ)樹皮(じゅひ)薄く(うすく)短冊(たんざく)(じょう)裂け(さけ)ます。
(すぎ)とよく()ています。

  • 栃木(とちぎ)(けん)那須(なす)(まち)/撮影(さつえい)MayaN/2020.7.23

名前(なまえ)由来(ゆらい)

ヒノキより見た目(みため)軽快(けいかい)印象(いんしょう)であることから「さはらか」(=さっぱりした)であるという意味(いみ)で、「サワラ」となったと言わ(いわ)れています。

その他(そのた)情報(じょうほう)

サワラは、その涼し気(すずしげ)見た目(みため)から庭木(にわき)としてよく植え(うえ)られてきました。オウゴンシノブヒバ、イトヒバなどの園芸(えんげい)品種(ひんしゅ)庭木(にわき)生垣(いけがき)使わ(つかわ)れてきました。
木材(もくざい)(よう)としてはヒノキが多く(おおく)植え(うえ)られてきましたが、千葉(ちば)(けん)では(むかし)からサワラが植え(うえ)られていて、古い(ふるい)人工(じんこう)(りん)ではヒノキよりもサワラの(ほう)多い(おおい)です。