()紹介(しょうかい)

ヒイラギ

節分(せつぶん)()除け(のけ)になるギザギザの()

()自己(じこ)紹介(しょうかい)

ヒイラギのギザギザの()は、節分(せつぶん)飾り(かざり)使わ(つかわ)れます。この()(とげ)(とげ)が(わざわい)追い払う(おいはらう)役割(やくわり)をすると考え(かんがえ)られています。

以下(いか)情報(じょうほう)は、関東(かんとう)地方(ちほう)基準(きじゅん)にしています。エリアによって1ヶ月(かげつ)くらいの()があります。

()(がた)

成長(せいちょう)すると4~8mになります。

  • 千葉(ちば)(けん)君津(きみつ)()/撮影(さつえい)MayaN/2020.10.2

()

3-7cmのギザギザの()です。老木(ろうぼく)になるとギザギザがなくなり普通(ふつう)()のようになります。

  • ギザギザの葉っぱ(はっぱ)節分(せつぶん)()除け(のけ)飾り(かざり)として使わ(つかわ)れる
    千葉(ちば)(けん)袖ケ浦(そでがうら)()/撮影(さつえい)MayaN/2019.10.30

  • (とし)をとった木の葉(このは)(とげ)(とげ)がなくなる
    千葉(ちば)()美浜(みはま)()/撮影(さつえい)MayaN/2020.10.15

(はな)

キンモクセイの(はな)白く(しろく)したような上品(じょうひん)香り(かおり)(はな)咲き(さき)ます。()()(おぼく)と(めす)()(めぼく)があります。

  • 雌花(めばな)(めばな)は雌しべ(めしべ)長い(ながい)
    千葉(ちば)(けん)我孫子(あびこ)()/撮影(さつえい)MasakoT/2020.11.10

  • 雄花(おばな)(おばな)は雌しべ(めしべ)短い(みじかい)
    千葉(ちば)()美浜(みはま)()/撮影(さつえい)MayaN/2018.11.2

()

黒い(くろい)()初夏(しょか)から(なつ)実り(みのり)ます。

関わり(かかわり)深い(ふかい)生き物(いきもの)

ヘリグロテントウノミハムシは、黒い(くろい)翅に赤い(あかい)模様(もよう)ありテントウムシにそっくりです。葉っぱ(はっぱ)食べる(たべる)ハムシで、(はる)(あき)()られます。触角(しょっかく)はテントウムシより長く(ながく)太い(ふとい)後ろ(うしろ)あしでぴょんとジャンプをします。

  • ヘリグロテントウノミハムシ(3.5mm)
    千葉(ちば)()美浜(みはま)()幕張(まくはり)海浜(かいひん)公園(こうえん)/撮影(さつえい)MasakoT/2021.4.6

  • ヘリグロテントウノミハムシの幼虫(ようちゅう)()(なか)潜っ(もぐっ)()食べる(たべる)(あたま)黒く(くろく)(からだ)黄色(きいろ)
    千葉(ちば)(けん)習志野(ならしの)()/撮影(さつえい)MasakoT/2013.5.18

名前(なまえ)由来(ゆらい)

(むかし)言葉(ことば)で「ひひらぐ」とはヒリヒリ痛む(いたむ)という意味(いみ)。これが変化(へんか)して「ヒイラギ」になったという(せつ)があります。

その他(そのた)情報(じょうほう)

ヒイラギの()は、1(ほん)()でも比較的(ひかくてき)低い(ひくい)位置(いち)()はギザギザが多く(おおく)比較的(ひかくてき)高い(たかい)位置(いち)()はギザギザが少なく(すくなく)なる傾向(けいこう)があります。色んな(いろんな)位置(いち)()(かたち)比べ(くらべ)てみましょう。