ヒイラギ

節分(せつぶん)魔除(まよけ)けとして(とびら)飾ら(かざら)れる(とげ)だらけ()

()自己(じこ)紹介(しょうかい)

ヒイラギの硬く(かたく)(とげ)だらけの()は、節分(せつぶん)飾り(かざり)使わ(つかわ)れます。この()(とげ)(とげ)が(わざわい)追い払う(おいはらう)役割(やくわり)をすると考え(かんがえ)られています。
()がおいると(とげ)のない()増え(ふえ)ていきます。

以下(いか)情報(じょうほう)は、関東(かんとう)地方(ちほう)基準(きじゅん)にしています。エリアによって1ヶ月(かげつ)くらいの()があります。

()(がた)

成長(せいちょう)すると4~8mになります。()としては小ぶり(こぶり)です。
鹿(しか)食べ(たべ)られにくいため、鹿(しか)(がい)進ん(すすん)でいる(もり)でも若い(わかい)()沢山(たくさん)()られます。

  • 千葉(ちば)(けん)君津(きみつ)() / 撮影(さつえい) MayaN / 2020.10.2

  • 鹿(しか)()若木(わかぎ)食べ(たべ)つくされた(もり)でも成長(せいちょう)できる
    千葉(ちば)(けん)君津(きみつ)() / 撮影(さつえい) MayaN / 2021.12.5

()

3-7cmのギザギザの()です。老木(ろうぼく)になるとギザギザがなくなり普通(ふつう)()のようになります。
また1(ほん)()でも比較的(ひかくてき)低い(ひくい)位置(いち)()はギザギザが多く(おおく)比較的(ひかくてき)高い(たかい)位置(いち)()はギザギザが少なく(すくなく)なる傾向(けいこう)があります。同じ(おなじ)()(なか)色んな(いろんな)位置(いち)()(かたち)比べ(くらべ)てみましょう。

  • ギザギザの葉っぱ(はっぱ)節分(せつぶん)()除け(のけ)飾り(かざり)として使わ(つかわ)れる
    千葉(ちば)(けん)袖ケ浦(そでがうら)() / 撮影(さつえい) MayaN / 2019.10.30

  • (とし)をとった木の葉(このは)(とげ)(とげ)がなくなる
    千葉(ちば)()美浜(みはま)() / 撮影(さつえい) MayaN / 2020.10.15

(はな)

キンモクセイの(はな)白く(しろく)したような上品(じょうひん)香り(かおり)(はな)咲き(さき)ます。
(めす)()(ゆう)()があり、(めす)()にだけ()がなります。(めす)()(かず)がかなり少ない(すくない)ので見つける(みつける)のが難しい(むずかしい)です。

  • 上品(じょうひん)香り(かおり)白い(しろい)小さな(ちいさな)(はな)がたくさん咲く(さく)
    千葉(ちば)()若葉(わかば)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2021.11.29

  • 雄花(おばな)雌しべ(めしべ)短い(みじかい)
    千葉(ちば)(けん)習志野(ならしの)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2018.11.2

  • 雌花(めばな)雌しべ(めしべ)長い(ながい)(めす)()(かず)少なく(すくなく)見つけ(みつけ)づらい
    千葉(ちば)()美浜(みはま)() / 撮影(さつえい) MayaN / 2020.11.17

  • 雄花(おばな)はキンモクセイのように沢山(たくさん)咲き(さき)華やか(はなやか)
    千葉(ちば)(けん)袖ケ浦(そでがうら)() / 撮影(さつえい) MayaN / 2018.11.19

  • 雌花(めばな)雄花(おばな)より(はな)(かず)少ない(すくない)
    千葉(ちば)()美浜(みはま)() / 撮影(さつえい) MayaN / 2021.11.17

()

黒い(くろい)()初夏(しょか)から(なつ)実り(みのり)ます。

名前(なまえ)由来(ゆらい)

(むかし)言葉(ことば)で「ひひらぐ」とはヒリヒリ痛む(いたむ)という意味(いみ)。これが変化(へんか)して「ヒイラギ」になったという(せつ)があります。

関わり(かかわり)深い(ふかい)生き物(いきもの)

黒い(くろい)(からだ)に2()赤い(あかい)(もん)、テントウムシそっくりな小さな(ちいさな)ハムシが()食べ(たべ)ます。晩秋(ばんしゅう)甘い(あまい)香り(かおり)がする(はな)には、ハチやハナアブがやってきます。(ふゆ)越し(ごし)をする(むし)たちのごちそうです。