メグスリノキ

目薬(めぐすり)材料(ざいりょう)になった

メグスリノキの特徴(とくちょう)

カエデの仲間(なかま)なのですが、()切れ込み(きれこみ)がありません。(あき)真っ赤(まっか)紅葉(こうよう)()沁みる(しみる)ほど美しい(うつくしい)です。この()用い(もちい)目薬(めぐすり)作ら(つくら)れたということで名前(なまえ)がつきました。

以下(いか)情報(じょうほう)は、関東(かんとう)地方(ちほう)基準(きじゅん)にしています。エリアによって1ヶ月(かげつ)くらいの()があります。

()(がた)

(たか)さ25mになる落葉(らくよう)高木(たかぎ)

  • 大きな(おおきな)()真っ赤(まっか)紅葉(こうよう)()沁みる(しみる)
    2021.11.21 / 千葉(ちば)()(いずみ)自然(しぜん)公園(こうえん) / 撮影(さつえい) MayaN

  • 成長(せいちょう)すると()がなかなか確認(かくにん)できなくなるぐらい()高く(たかく)なる。
    2022.10.19 / 筑波(つくば)実験(じっけん)植物(しょくぶつ)(えん) / 撮影(さつえい) htanaka

()

カエデの仲間(なかま)なのですが、()深い(ふかい)切れ込み(きれこみ)はありません。3(まい)()がセットになって1(まい)()なのです。()(うら)には粗い(あらい)()があります。葉脈(ようみゃく)葉柄(ようへい)には特に(とくに)()集まっ(あつまっ)生え(はえ)ています。(あき)紅葉(こうよう)鮮やか(あざやか)美しい(うつくしい)です。

  • (いろ)鮮やか(あざやか)紅葉(こうよう)する
    2021.11.29 / 千葉(ちば)()(いずみ)自然(しぜん)公園(こうえん) / 撮影(さつえい) MasakoT

  • カエデの仲間(なかま)ですが、()大きな(おおきな)切れ込み(きれこみ)がない
    2021.11.29 / 千葉(ちば)()(いずみ)自然(しぜん)公園(こうえん) / 撮影(さつえい) MasakoT

  • 3(まい)()がセットになって1(まい)()なのです。
    2021.11.29 / 千葉(ちば)()(いずみ)自然(しぜん)公園(こうえん) / 撮影(さつえい) MayaN

  • 3(まい)セットになった1(まい)()対生(たいせい)につくので、(しょう)()が6(まい)セットになっているように見える(みえる)
    2020.9.16 / 筑波(つくば)実験(じっけん)植物(しょくぶつ)(えん) / 撮影(さつえい) MayaN

  • 葉脈(ようみゃく)(じょう)()目立つ(めだつ)
    2021.11.29 / 千葉(ちば)()(いずみ)自然(しぜん)公園(こうえん) / 撮影(さつえい) MayaN

  • 葉柄(ようへい)()目立つ(めだつ)
    2021.10.3 / 筑波(つくば)実験(じっけん)植物(しょくぶつ)(えん) / 撮影(さつえい) MayaN

(はな)

(はな)(がら)()密生(みっせい)雌花(めばな)は1〜3()雄花(おばな)が3〜5()集まっ(あつまっ)咲き(さき)ます。
雌雄(しゆう)()(かぶ)同じ(おなじ)()(せい)転換(てんかん)こともあります。

  • 毛むくじゃら(けむくじゃら)雄花(おばな)
    撮影(さつえい) 庭木(にわき)図鑑(ずかん)植木(うえき)ペディア

()

カエデらしいブーメラン(がた)です。(つばさ)(なが)さが4〜5cmでイロハモミジなどの()より大きい(おおきい)です。(たね)にはたくさんの()生え(はえ)ています。

  • 撮影(さつえい) Instagram:Atsukun

  • 撮影(さつえい) 庭木(にわき)図鑑(ずかん)植木(うえき)ぺディア

(みき)

(はい)褐色(かっしょく)
大人(おとな)()樹皮(じゅひ)(たて)裂け(さけ)ます。

  • 2022.10.1 / 筑波(つくば)実験(じっけん)植物(しょくぶつ)(えん) / 撮影(さつえい) htanaka

冬芽(とうが)

おしゃれなチェック(がら)冬芽(とうが)。ぜひ見つけ(みつけ)てください。

  • 大きめ(おおきめ)冬芽(とうが)。たくさん()生え(はえ)ている。
    2021.11.29 / 千葉(ちば)()(いずみ)自然(しぜん)公園(こうえん) / 撮影(さつえい) MasakoT

  • (あな)空い(あい)てる!(だれ)があけたのでしょうか?
    2022.10.27 / 筑波(つくば)実験(じっけん)植物(しょくぶつ)(えん) / 撮影(さつえい) htanaka

(ひと)との関わり(かかわり)

名前(なまえ)由来(ゆらい)のように、()(びょう)治療(ちりょう)用い(もちい)られました。(ざい)強靭(きょうじん)で、建設(けんせつ)(ざい)器具(きぐ)(ざい)床柱(とこばしら)使わ(つかわ)れます。

名前(なまえ)由来(ゆらい)

樹皮(じゅひ)()乾燥(かんそう)させて煎じ(せんじ)(しる)洗眼(せんがん)用い(もちい)たことから、メグスリノキと呼ば(よば)れました。実際(じっさい)炎症(えんしょう)抑える(おさえる)作用(さよう)などがあることが分かっ(わかっ)ています。

その他(そのた)情報(じょうほう)

戦国(せんごく)時代(じだい)名将(めいしょう)黒田(くろだ)官兵衛(かんべえ)祖父(そふ)重隆(しげたか)は、メグスリノキから作っ(つくっ)家伝(かでん)目薬(めぐすり)製造(せいぞう)販売(はんばい)することで(ざい)築き(きずき)ました。(姫路(ひめじ)()HPより)

性格(せいかく)

(たね)は、()のカエデの仲間(なかま)(たね)より大柄(おおがら)毛むくじゃら(けむくじゃら)。どんなふうに飛ぶ(とぶ)か、飛ばし(とばし)てみましょう!

メグスリノキの()られる場所(ばしょ)