イタヤハマキチョッキリ

(あか)紫色(むらさきいろ)輝き(かがやき)ピカピカ!きれいなオトシブミ

  • (あか)(むらさき)輝き(かがやき)、キレイ!
    神奈川(かながわ)(けん)相模原(さがみはら)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2018.4.6

  • メスは若い(わかい)()切れ込み(きれこみ)をいれ、(すう)(まい)()寄せ(よせ)集め(あつめ)て、幼虫(ようちゅう)のためにゆりかごをつくる。
    新潟(にいがた)(けん)十日町(とおかまち)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2018.6.5

イタヤハマキチョッキリの特徴(とくちょう)

(あか)紫色(むらさきいろ)輝く(かがやく)きれいなオトシブミ。メスは、5~6(つき)、モミジの若葉(わかば)(すう)(まい)巻い(まい)てゆりかごを作り(つくり)(なか)(たまご)産み(うみ)ます。幼虫(ようちゅう)はこの(なか)育ち(そだち)ます。
   
大き(おおき)さ:体長(たいちょう)7~10mm
食べ物(たべもの):カエデ(るい)()
成虫(せいちゅう)()られる時期(じき):4~7(つき)
分布(ぶんぷ)北海道(ほっかいどう)本州(ほんしゅう)四国(しこく)九州(きゅうしゅう)