アオモンイトトンボ

水辺(みずべ)をふわりふわり飛ぶ(とぶ)小さな(ちいさな)イトトンボ

  • オス。お腹(おなか)(さき)青い(あおい)(腹部(ふくぶ)の8(せつ)全体(ぜんたい)、9(せつ)()半分(はんぶん)(あお))。
    千葉(ちば)(けん)松戸(まつど)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2019.5.17

  • 若い(わかい)アオモンイトトンボ
    千葉(ちば)(けん)松戸(まつど)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2019.5.17

  • オスとメスの交尾(こうび)。ハート(がた)にみえる。(うえ)がオスで(した)がメス。
    千葉(ちば)(けん)松戸(まつど)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2021.6.12

  • アオモンイトトンボは腹部(ふくぶ)8・9(せつ)青い(あおい)。アジアイトトンボは腹部(ふくぶ)9(せつ)青い(あおい)
    撮影(さつえい) MasakoT

アオモンイトトンボの特徴(とくちょう)

(いけ)水草(みずくさ)()をふわりふわり飛ん(とん)でいる小さな(ちいさな)イトトンボ。オスは(むね)腹部(ふくぶ)(さき)青く(あおく)きれい!メスの(いろ)は、オスと同じ(おなじ)(いろ)(同色(どうしょく)(がた))と褐色(かっしょく)(異色(いしょく)(がた))の2つのタイプがあります。メスは水草(みずくさ)産卵(さんらん)します。
    
大き(おおき)さ:体長(たいちょう)29~38mm
食べ物(たべもの)幼虫(ようちゅう)はミジンコ、ボウフラ、水生(すいせい)昆虫(こんちゅう)など 成虫(せいちゅう)昆虫(こんちゅう)など
成虫(せいちゅう)()られる時期(じき):4~11(つき)
分布(ぶんぷ)本州(ほんしゅう)四国(しこく)九州(きゅうしゅう)南西諸島(なんせいしょとう)