クワキジラミ

クワの()(うら)につく白い(しろい)モジャモジャ幼虫(ようちゅう)

  • 幼虫(ようちゅう)成虫(せいちゅう)幼虫(ようちゅう)はお(しり)白い(しろい)(いと)のようなロウ物質(ぶっしつ)がついている。
    千葉(ちば)(けん)習志野(ならしの)() / 撮影(さつえい) MsakoT / 2020.5.28

  • 幼虫(ようちゅう)。お(しり)長い(ながい)(いと)のようなロウ物質(ぶっしつ)
    東京(とうきょう)()葛飾(かつしか)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2022.5.18

  • 成虫(せいちゅう)飛ぶ(とぶ)ことができる。小さな(ちいさな)セミのよう。
    千葉(ちば)()中央(ちゅうおう)() / 撮影(さつえい) MsakoT / 2018.5.27

クワキジラミの特徴(とくちょう)

クワの()(うら)白い(しろい)(いと)集団(しゅうだん)は、クワキジラミの幼虫(ようちゅう)です。幼虫(ようちゅう)はフワフワと綿(めん)のよう!お(しり)(いと)のような白い(しろい)ロウ物質(ぶっしつ)をつけて、集団(しゅうだん)()(しる)吸っ(すっ)ています。成虫(せいちゅう)ははねがあり飛ぶ(とぶ)ことができます。
  
大き(おおき)さ:体長(たいちょう)3~4mm
食べ物(たべもの):クワの()(しる)(()(かん)(えき))
成虫(せいちゅう)()られる時期(じき):3-6(つき)(成虫(せいちゅう)越冬(えっとう))
分布(ぶんぷ)北海道(ほっかいどう)本州(ほんしゅう)四国(しこく)九州(きゅうしゅう)

()られる()