クロトゲマダラアブラムシ

黒い(くろい)トゲがあるアブラムシ

  • はねがある成虫(せいちゅう)
    千葉(ちば)(けん)習志野(ならしの)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2021.4.20

  • 成虫(せいちゅう)幼虫(ようちゅう)集団(しゅうだん)生活(せいかつ)葉脈(ようみゃく)(はり)のような(くち)刺し(さし)(しる)吸っ(すっ)ている。
    千葉(ちば)()若葉(わかば)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2021.12.1

  • はねがある成虫(せいちゅう)小さな(ちいさな)幼虫(ようちゅう)
    千葉(ちば)(けん)習志野(ならしの)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2021.4.21

  • 幼虫(ようちゅう)集団(しゅうだん)成虫(せいちゅう)混じっ(まじっ)ている。
    千葉(ちば)()若葉(わかば)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2020.12.1

クロトゲマダラアブラムシの特徴(とくちょう)

コナラなどの()見かける(みかける)アブラムシ。はねのあるアブラムシは、(からだ)に3(たい)黒い(くろい)トゲがあり、(まえ)から順に(じゅんに)長く(ながく)なっています。(ぜん)ばねのふちが黒く(くろく)三日月(みかづき)(じょう)になっているのも特徴(とくちょう)です。1(ねん)(ちゅう)コナラで生活(せいかつ)します。
 
大き(おおき)さ:体長(たいちょう)(やく)2mm
食べ物(たべもの):コナラ、クヌギ、カシワの(しる)(()(かん)(えき))
成虫(せいちゅう)()られる時期(じき):4~11(つき)
分布(ぶんぷ)本州(ほんしゅう)()不明(ふめい)

()られる()