()紹介(しょうかい)

コナラ

(ひと)生活(せいかつ)支え(ささえ)続け(つづけ)てくれた()

()自己(じこ)紹介(しょうかい)

(ひと)生活(せいかつ)支え(ささえ)続け(つづけ)てくれた()です。(すみ)(たきぎ)肥料(ひりょう)、シイタケのほだ()など様々(さまざま)方法(ほうほう)活用(かつよう)されてきました。

みんなの投稿(とうこう)

以下(いか)情報(じょうほう)は、関東(かんとう)地方(ちほう)基準(きじゅん)にしています。エリアによって1ヶ月(かげつ)くらいの()があります。

()(がた)

(たか)さ20mほどになります。雑木林(ぞうきばやし)切ら(きら)れてから、切り株(きりかぶ)から(なん)(ほん)()がでて成長(せいちょう)する()多い(おおい)ため、(なん)(ほん)一緒(いっしょ)生え(はえ)ている()多い(おおい)です。

  • 紅葉(こうよう)したコナラ
    千葉(ちば)(けん)袖ケ浦(そでがうら)()/撮影(さつえい)EijiI/2016.12.6

()

フチに大きな(おおきな)ギザギザのある()です。(はる)白銀(はくぎん)(しょく)新緑(しんりょく)がきれいです。

  • ふちがギザギザのある()
    千葉(ちば)(けん)袖ケ浦(そでがうら)()/撮影(さつえい)EijiI/2009.9.12

  • 新芽(しんめ)(みどり)がかった銀色(ぎんいろ)輝く(かがやく)
    千葉(ちば)()美浜(みはま)()/撮影(さつえい)MayaN/2020.3.30

(はな)

雄花(おばな)はヒモが釣り(つり)下がっ(さがっ)たような(かたち)です。雌花(めばな)はとても小さい(ちいさい)です。(はな)咲い(さい)(とし)(あき)にドングリが実り(みのり)ます。

  • 雄花(おばな)()出る(でる)同時に(どうじに)咲く(さく)
    千葉(ちば)(けん)習志野(ならしの)()/撮影(さつえい)MayaN/2020.3.27

  • (えだ)先端(せんたん)咲く(さく)小さな(ちいさな)小さな(ちいさな)雌花(めばな)。これが受精(じゅせい)するとドングリになる。
    千葉(ちば)(けん)習志野(ならしの)()/撮影(さつえい)MasakoT/2021.3.29

  • ()沢山(たくさん)(はな)咲い(さい)ている様子(ようす)
    千葉(ちば)(けん)袖ケ浦(そでがうら)()/撮影(さつえい)EijiI/2019.4.22

()

ウロコ(じょう)模様(もよう)がついた帽子(ぼうし)をかぶったドングリです。(はる)(はな)咲い(さい)てその(とし)(あき)実り(みのり)ます。

  • 細く(ほそく)帽子(ぼうし)にはウロコがある
    千葉(ちば)(けん)松戸(まつど)()/撮影(さつえい)MayaN/2020.9.22

  • ドングリの赤ちゃん(あかちゃん)
    千葉(ちば)()美浜(みはま)()/撮影(さつえい)MayaN/2019.5.24

(みき)

(たて)(しわ)(しわ)がしっかり刻ま(きざま)れています。

  • 千葉(ちば)(けん)袖ケ浦(そでがうら)()/撮影(さつえい)EijiI/2020.10.23

関わり(かかわり)深い(ふかい)生き物(いきもの)

ムラサキシジミは、翅(はね)を広げる(ひろげる)(あお)紫色(むらさきいろ)輝く(かがやく)きれいなシジミチョウ。()にもアカシジミなど数種類(すうしゅるい)のシジミチョウの幼虫(ようちゅう)()食べ(たべ)ます。ナラメリンゴフシという面白い(おもしろい)(かたち)(むし)こぶ((ちゅう)えい)もみられます。

  • ムラサキシジミ(小型(こがた)のチョウ) 成虫(せいちゅう)(ふゆ)をこす
    千葉(ちば)(けん)君津(きみつ)()/撮影(さつえい)MasakoT/2019.7.21

  • ムラサキシジミの幼虫(ようちゅう) アリは幼虫(ようちゅう)守る(まもる)大切(たいせつ)なガードマン
    千葉(ちば)(けん)印西(いんざい)()/撮影(さつえい)MasakoT/2021.7.29

  • アカシジミ(小型(こがた)のチョウ) 6月頃(つきごろ)()られる。幼虫(ようちゅう)はコナラなどの()食べる(たべる)
    千葉(ちば)()若葉(わかば)()/撮影(さつえい)MasakoT/2019.5.28

  • ケブカキベリナガカスミカメ(6-7mm) カメムシの仲間(なかま)で、若葉(わかば)のころ()られる。
    千葉(ちば)()中央(ちゅうおう)()/撮影(さつえい)MasakoT/2021.4.9

  • ナラメリンゴフシ ナラメリンゴタマバチが(たまご)産ん(うん)でできた(むし)こぶ。大きな(おおきな)ものは直径(ちょっけい)4cmほど。
    千葉(ちば)()若葉(わかば)()/撮影(さつえい)MasakoT/2017.4.25

名前(なまえ)由来(ゆらい)

同じ(おなじ)ナラ()のミズナラが(たか)さも()もコナラより大きく(おおきく)「オオナラ」と呼ば(よば)れるのに対して(にたいして)小さい(ちいさい)ナラという意味(いみ)で「コナラ」と呼ば(よば)れたそうです。

その他(そのた)情報(じょうほう)

現在(げんざい)北海道(ほっかいどう)をのぞく全国(ぜんこく)でナラ枯れ(かれ)という伝染(でんせん)(びょう)広がり(ひろがり)枯れ(かれ)ている()多く(おおく)()られます。

  • ナラ枯れ(かれ)にかかったコナラ、()一部(いちぶ)がまとまって枯れる(かれる)
    千葉(ちば)()中央(ちゅうおう)()/撮影(さつえい)MayaN/MayaN

  • ナラ枯れ(かれ)罹る(かかる)とカシノナガキクイムシが掘っ(ほっ)()のくずが根元(ねもと)にたまる
    千葉(ちば)()中央(ちゅうおう)()/撮影(さつえい)MayaN/MayaN