オビガ

あったかそうな毛布(もうふ)みたいなガ

  • 成虫(せいちゅう)交尾(こうび)(ちゅう)。はねは複雑(ふくざつ)模様(もよう)個性(こせい)(てき)枯れ葉(かれは)にも見える(みえる)
    千葉(ちば)(けん)佐倉(さくら)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2014.7.8

  • はねの(うら)はオレンジ(しょく)でカラフル。
    千葉(ちば)(けん)佐倉(さくら)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2014.7.8

  • 長い(ながい)()のネコみたいな幼虫(ようちゅう)
    千葉(ちば)(けん)印西(いんざい)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2009.6.26

  • スイカズラの()食べ(たべ)ている幼虫(ようちゅう)
    千葉(ちば)(けん)印西(いんざい)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2009.6.26

  • 白っぽい(しろっぽい)()幼虫(ようちゅう)もいる。
    千葉(ちば)()若葉(わかば)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2022.5.24

オビガの特徴(とくちょう)

はねに丸み(まるみ)があり、(せん)が1(ほん)とおっているガ。幼虫(ようちゅう)長い(ながい)()がある毛虫(けむし)で、警戒(けいかい)すると、(からだ)(まえ)持ち上げ(もちあげ)左右(さゆう)激しく(はげしく)威嚇(いかく)します。幼虫(ようちゅう)(どく)はありません。国内(こくない)では唯一(ゆいいつ)のオビガ()のガです。
  
大き(おおき)さ:体長(たいちょう)45~59mm
食べ物(たべもの)幼虫(ようちゅう)はスイカズラ、ハコネウツギ、ニシキウツギなどの()
成虫(せいちゅう)()られる時期(じき):6~10(つき)
分布(ぶんぷ)北海道(ほっかいどう)本州(ほんしゅう)四国(しこく)九州(きゅうしゅう)

オビガの()られる()