ホシベッコウカギバ

白色(はくしょく)(はん)透明(とうめい)のはかなげで美しい(うつくしい)

  • (はん)透明(とうめい)のはねに黒っぽい(くろっぽい)(もん)がある。シースルー・ルック。
    2017.8.20 / 千葉(ちば)(けん)君津(きみつ)() / 撮影(さつえい) MasakoT

  • オス。黒い(くろい)模様(もよう)がはっきりしている。
    2016.6.19 / 千葉(ちば)(けん)君津(きみつ)() / 撮影(さつえい) MasakoT

  • 交尾(こうび)
    2017.5.21 / 千葉(ちば)(けん)君津(きみつ)() / 撮影(さつえい) MasakoT

ホシベッコウカギバの特徴(とくちょう)

白い(しろい)チョウのように見え(みえ)ますが、白色(はくしょく)(はん)透明(とうめい)のガです。メスの(ほう)がより(いろ)薄く(うすく)透明(とうめい)(かん)があります。オスの模様(もよう)(いろ)(くろ)です。カギバガの(いち)(しゅ)ですが、(ぜん)ばねの先端(せんたん)はカギ(じょう)曲がら(まがら)丸く(まるく)なっています。
 
大き(おおき)さ:開張(かいちょう)25~35mm
食べ物(たべもの)幼虫(ようちゅう)はクマノミズキ、ミズキ、ヤマボウシなどの()
成虫(せいちゅう)()られる時期(じき):5~9(つき)
分布(ぶんぷ)本州(ほんしゅう)四国(しこく)九州(きゅうしゅう)

正確(せいかく)(たね)判定(はんてい)は、形態(けいたい)細部(さいぶ)まで見る(みる)必要(ひつよう)があります。​

()られる()