オオホシカメムシ

はねの模様(もよう)(かお)見える(みえる)カメムシ

  • オレンジに黒い(くろい)丸い(まるい)(もん)目立つ(めだつ)(かお)見える(みえる)かな?
    千葉(ちば)(けん)市川(いちかわ)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2022.5.11

  • (よこ)から見る(みる)厚み(あつみ)がある。
    千葉(ちば)(けん)松戸(まつど)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2017.11.15

  • 触角(しょっかく)白い(しろい)部分(ぶぶん)がある。
    千葉(ちば)(けん)市川(いちかわ)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2017.9.24

  • ヒメホシカメムシとオオホシカメムシの違い(ちがい)
    撮影(さつえい) MasakoT

オオホシカメムシの特徴(とくちょう)

大きな(おおきな)カメムシで、黒色(こくしょく)丸い(まるい)(もん)目立ち(めだち)ます。ヒメホシカメムシに()ていますが、大型(おおがた)(からだ)長い(ながい)です。
  
大き(おおき)さ:体長(たいちょう)15~19mm
食べ物(たべもの):アカメガシワの(はな)果実(かじつ) ミカンなど
成虫(せいちゅう)()られる時期(じき):4~11(つき)(成虫(せいちゅう)越冬(えっとう))
分布(ぶんぷ)本州(ほんしゅう)四国(しこく)九州(きゅうしゅう)南西諸島(なんせいしょとう)