モモノゴマダラノメイガ

フルーツ大好き(だいすき)、グルメな小さな(ちいさな)

  • はねも(からだ)黒い(くろい)(てん)散らばっ(ちらばっ)ている。
    2020.4.30 / 千葉(ちば)(けん)習志野(ならしの)() / 撮影(さつえい) MasakoT

  • 昼間(ひるま)は、()(うら)休ん(やすん)でいる。
    2022.8.8 / 千葉(ちば)(けん)市川(いちかわ)() / 撮影(さつえい) MasakoT

モモノゴマダラノメイガの特徴(とくちょう)

黄色(きいろ)っぽいはねに黒点(こくてん)散らばっ(ちらばっ)小さな(ちいさな)ガ。クリやモモ、ウメ、カキ、ブドウなどの果実(かじつ)食べる(たべる)(むし)として知ら(しら)れています。メスは果実(かじつ)産卵(さんらん)し、幼虫(ようちゅう)()(なか)食べ(たべ)育ち(そだち)ます。
 
大き(おおき)さ:開張(かいちょう)25~27mm
食べ物(たべもの)幼虫(ようちゅう)はクリ、モモ、スモモ、ウメ、カキ、ブドウ、カンキツ類(かんきつるい)などの果実(かじつ)
成虫(せいちゅう)()られる時期(じき):5~9(つき)
分布(ぶんぷ)本州(ほんしゅう)四国(しこく)九州(きゅうしゅう)南西諸島(なんせいしょとう)

正確(せいかく)(たね)判定(はんてい)は、形態(けいたい)細部(さいぶ)まで見る(みる)必要(ひつよう)があります。​

()られる()