アジアイトトンボ

(くさ)から(くさ)へフワフワ飛ぶ(とぶ)小さな(ちいさな)イトトンボ

  • オス。
    2018.9.13 / 千葉(ちば)(けん)船橋(ふなばし)() / 撮影(さつえい) MasakoT

  • メス。アオバハゴロモを食べ(たべ)ている。
    2018.7.29 / 神奈川(かながわ)(けん)三浦(みうら)() / 撮影(さつえい) MasakoT

  • メス。
    2020.5.2 / 千葉(ちば)(けん)船橋(ふなばし)() / 撮影(さつえい) MasakoT

  • 羽化(うか)してまもない未熟(みじゅく)メス。(はる)早く(はやく)現れる(あらわれる)
    2022.4.13 / 千葉(ちば)(けん)市川(いちかわ)() / 撮影(さつえい) MasakoT

アジアイトトンボの特徴(とくちょう)

オスは、腹部(ふくぶ)(たん)水色(みずいろ)()(だい)9(せつ)にあります。メスは未熟(みじゅく)(とき)鮮やか(あざやか)なオレンジ(しょく)で、成熟(せいじゅく)するにつれて緑色(りょくしょく)になります。平地(ひらち)から山地(さんち)(くさ)繁茂(はんも)する池沼(ちしょう)湿地(しっち)休耕田(きゅうこうでん)などで普通(ふつう)()られます。メスは植物(しょくぶつ)産卵(さんらん)します。(MT)
 
大き(おおき)さ:体長(たいちょう)25~31mm
食べ物(たべもの)幼虫(ようちゅう)はミジンコ、ボウフラ、水生(すいせい)昆虫(こんちゅう)など 成虫(せいちゅう)昆虫(こんちゅう)など
成虫(せいちゅう)()られる時期(じき):4(つき)上旬(じょうじゅん)~11(つき)上旬(じょうじゅん)
分布(ぶんぷ)全国(ぜんこく)

正確(せいかく)(たね)判定(はんてい)は、形態(けいたい)細部(さいぶ)まで見る(みる)必要(ひつよう)があります。​

()仲間(なかま)との見分け(みわけ)(かた)

アオモンイトトンボ()ていますが、アジアイトトンボの(ほう)がやや小さい(ちいさい)です。
トンボは例外(れいがい)がありますので、複数(ふくすう)箇所(かしょ)見分ける(みわける)ようにしてください。

  • アオモンイトトンボは腹部(ふくぶ)8・9(せつ)青い(あおい)
    アジアイトトンボは腹部(ふくぶ)9(せつ)青い(あおい)
    撮影(さつえい) MasakoT