アカゲラ

キツツキといえばこの(とり)

  • 千葉(ちば)(けん)千葉(ちば)() / 撮影(さつえい) FumioS / 2013.1.12

アカゲラの特徴(とくちょう)

(はやし)()(みき)歩き(あるき)()食する(しょくする)だけで無く(なく)地上(ちじょう)降り(おり)昆虫(こんちゅう)などを食べる(たべる)ことがあります。また、木の実(このみ)食べる(たべる)こともあります。繁殖(はんしょく)()になると()(みき)をたたき「ドロロロロロ・・・・」と(おと)出し(だし)ます。これをドラミングといいます。アカゲラの(ゆう)後頭部(こうとうぶ)赤い(あかい)のが特徴(とくちょう)です。
 
大き(おおき)さ:スズメより大きく(おおきく)、キジバトに比べ(くらべ)小さい(ちいさい)全長(ぜんちょう)24cm)
食べ物(たべもの)昆虫(こんちゅう)木の実(このみ)
()られる時期(じき)一年中(いちねんじゅう)
()られる場所(ばしょ)平地(ひらち)山地(さんち)(はやし)