コムラサキ

紫色(むらさきいろ)輝く(かがやく)水辺(みずべ)のチョウ

  • オスは(ひかり)当たる(あたる)紫色(むらさきいろ)輝く(かがやく)(構造(こうぞう)(しょく))。
    着物(きもの)(がら)のような美し(うつくし)さ。
    写真(しゃしん) / 2022.9.23 千葉(ちば)(けん)市川(いちかわ)() MasakoT

  • ヤナギの()(うえ)にとまるオス。縄張り(なわばり)をもつ。
    写真(しゃしん) / 2022.9.23 千葉(ちば)(けん)市川(いちかわ)() MasakoT

  • ストロー(じょう)口吻(こうふん)(こうふん)は黄色(きいろ)
    写真(しゃしん) / 2022.8.29 千葉(ちば)(けん)松戸(まつど)() MasakoT

  • メスは茶褐色(ちゃかっしょく)
    写真(しゃしん) / 2022.9.23 千葉(ちば)(けん)市川(いちかわ)() MasakoT

  • メスはオスよりやや大きい(おおきい)
    写真(しゃしん) / 2022.9.23 千葉(ちば)(けん)市川(いちかわ)() MasakoT

  • ヤナギの樹液(じゅえき)やって来(やってき)た。
    写真(しゃしん) / 2022.9.23 千葉(ちば)(けん)市川(いちかわ)() MasakoT

  • オス。はねの(うら)(いろ)美しい(うつくしい)
    写真(しゃしん) / 2023.9.15 千葉(ちば)(けん)市川(いちかわ)() MasakoT

特徴(とくちょう)

オスの(おもて)ばねは(ひかり)当たる(あたる)紫色(むらさきいろ)輝き(かがやき)、メスは淡い(あわい)茶褐色(ちゃかっしょく)をしています。(にち)(ちゅう)、ヤナギ(るい)()(じょう)活発(かっぱつ)飛び(とび)かい、オスは地面(じめん)給水(きゅうすい)することが多い(おおい)です。ヤナギ(るい)生える(はえる)川岸(かわぎし)(ほか)都市(とし)公園(こうえん)でも()られます。幼虫(ようちゅう)越冬(えっとう)
 
大き(おおき)さ:開張(かいちょう)55~70mm
食べ物(たべもの)幼虫(ようちゅう)はヤナギ(るい)() 成虫(せいちゅう)樹液(じゅえき)熟し(じゅくし)果実(かじつ)(しし)フンなど
成虫(せいちゅう)()られる時期(じき):5~10(つき)
分布(ぶんぷ)北海道(ほっかいどう)本州(ほんしゅう)四国(しこく)九州(きゅうしゅう)

正確(せいかく)(しゅ)判定(はんてい)は、形態(けいたい)細部(さいぶ)まで見る(みる)必要(ひつよう)があります。​

()られる()