ヒメカナワラビ

金属(きんぞく)みたいにテカリが強い(つよい)のです

  • (てい)(やま)斜面(しゃめん)生える(はえる)
    写真(しゃしん) / 2023.12 千葉(ちば)(けん) S.Ikeda

  • 根茎(こんけい)(はす)(じょう)させて()出す(だす)
    写真(しゃしん) / 2023.12 千葉(ちば)(けん) S.Ikeda

  • 下部(かぶ)(はね)(へん)基部(きぶ)
    ()(じく)接する(せっする)上側(うわがわ)(しょう)(はね)(へん)大きめ(おおきめ)
    写真(しゃしん) / 2024.7 千葉(ちば)(けん) S.Ikeda

  • 小羽(おば)(へん)には短い(みじかい)()がある。
    ()たオオキヨズミシダやオニイノデ(じく)広く(ひろく)つく。
    写真(しゃしん) / 2024.7 千葉(ちば)(けん) S.Ikeda

  • ()(うら)
    胞子(ほうし)のう(ぐん)()(した)からつく。
    ()たオオキヨズミシダやオニイノデ(うえ)からつく。
    写真(しゃしん) / 2024.7 千葉(ちば)(けん) S.Ikeda

  • 胞子(ほうし)のう(ぐん)円形(えんけい)で、 やや(みゃく)寄り(より)につける。
    (つつみ)(まく)円形(えんけい)
    写真(しゃしん) / 2024.7 千葉(ちば)(けん) S.Ikeda

  • 葉柄(ようへい)
    茶色(ちゃいろ)から黒っぽい(くろっぽい)細め(ほそめ)鱗片(りんぺん)多い(おおい)
    写真(しゃしん) / 2024.7 千葉(ちば)(けん) S.Ikeda

  • 葉柄(ようへい)上部(じょうぶ)
    黒っぽく(くろっぽく)細い(ほそい)鱗片(りんぺん)多い(おおい)
    写真(しゃしん) / 2024.7 千葉(ちば)(けん) S.Ikeda

  • ()(じく)下部(かぶ)
    黒っぽく(くろっぽく)()のように細い(ほそい)鱗片(りんぺん)多い(おおい)
    写真(しゃしん) / 2024.7 千葉(ちば)(けん) S.Ikeda

特徴(とくちょう)

テカテカしている金属(きんぞく)のような質感(しつかん)のシダ。 その特徴(とくちょう)名前(なまえ)からカナワラビ仲間(なかま)見え(みえ)ますが、 実際(じっさい)イノデ仲間(なかま)です。 胞子(ほうし)のう(ぐん)()(した)からつき始める(はじめる)こと、 小羽(おば)(へん)短い(みじかい)()があること、 鱗片(りんぺん)黒っぽく(くろっぽく)細い(ほそい)ことなどが()(たね)との区別(くべつ)(てん)になります。
 
()(なが)さ : 20~50cm
観察(かんさつ)時期(じき) : 一年中(いちねんじゅう)(常緑(じょうりょく)(せい))
生える(はえる)場所(ばしょ) : (てい)(やま)(はやし)(ゆかり)斜面(しゃめん)
分布(ぶんぷ) : 本州(ほんしゅう)(福島(ふくしま)以南(いなん))、 四国(しこく)九州(きゅうしゅう)朝鮮(ちょうせん)台湾(たいわん)中国(ちゅうごく)、 ベトナム

正確(せいかく)(しゅ)判定(はんてい)は、 形態(けいたい)細部(さいぶ)まで見る(みる)必要(ひつよう)があります。 ​

千葉(ちば)(けん)のシダ!

ヒメカナワラビは、 日本(にっぽん)シダの(かい)都道府県(とどうふけん)ごとにゆかりのあるシダを1(しゅ)ずつ定める(さだめる)郷土(きょうど)のシダ」で、 千葉(ちば)のシダに選ば(えらば)れています。
 
別名(べつめい)をキヨズミシダといい、 千葉(ちば)(けん)清澄山(きよすみやま)由来(ゆらい)なことから()ています。

()仲間(なかま)との見分け(みわけ)(かた)

オオキヨズミシダとオニイノデが()ています。 一番(いちばん)よく()られるのはヒメカナワラビですが、 時に(ときに)中間(ちゅうかん)(てき)(かぶ)()られることもあります。 ちなみに、 3(しゅ)はいずれも無配(むはい)生殖(せいしょく)(むはいせいしょく)という受精(じゅせい)をしない変わっ(かわっ)方法(ほうほう)増える(ふえる)ため、 ふつう雑種(ざっしゅ)ができません。
 
●オオキヨズミシダは①()がやわらかめで、 あまり金属(きんぞく)(かん)がしません。 ②(しょう)(はね)(へん)()がはっきりしなくて(はね)(じく)広め(ひろめ)につきます。 ③胞子(ほうし)のう(ぐん)()(うえ)からつけ始め(はじめ)ます。 ④葉柄(ようへい)基部(きぶ)には茶色(ちゃいろ)っぽい鱗片(りんぺん)多い(おおい)です。 ⑤葉柄(ようへい)上部(じょうぶ)()(じく)鱗片(りんぺん)黒っぽい(くろっぽい)ですが、 ヒメカナワラビより少し(すこし)(はば)広め(ひろめ)です。
 
オニイノデは①()硬め(かため)ですが、 あまり金属(きんぞく)(かん)がしません。 ②(しょう)(はね)(へん)()がはっきりしなくて(はね)(じく)広く(ひろく)つきます。 ③胞子(ほうし)のう(ぐん)()(うえ)からつけ始め(はじめ)ます。 ④葉柄(ようへい)基部(きぶ)には(ちゃ)色っぽく(いろっぽく)幅広い(はばひろい)鱗片(りんぺん)多い(おおい)です。 ⑤葉柄(ようへい)上部(じょうぶ)()(じく)鱗片(りんぺん)(ちゃ)色っぽく(いろっぽく)幅広(はばひろ)めです。

  • 3(しゅ)葉柄(ようへい)基部(きぶ)比較(ひかく)
    ヒメからオニになるにつれて茶色く(ちゃいろく)幅広く(はばひろく)なる。
    写真(しゃしん) / S.Ikeda

  • 3(しゅ)葉柄(ようへい)上部(じょうぶ)比較(ひかく)
    ヒメからオニになるにつれて茶色く(ちゃいろく)幅広く(はばひろく)なる。
    写真(しゃしん) / S.Ikeda

  • 3(しゅ)()(じく)下部(かぶ)比較(ひかく)
    ヒメとオオはよく()ているが、 オオの(ほう)少し(すこし)(はば)がある。 オニ茶色く(ちゃいろく)幅広く(はばひろく)明らか(あきらか)違う(ちがう)
    写真(しゃしん) / S.Ikeda