イッサイユズ

ボコボコの黄色い(きいろい)()がたくさん実る(みのる)

()自己(じこ)紹介(しょうかい)

ハナユとも呼ば(よば)れます。ユズとは(べつ)種類(しゅるい)です。
ユズの()より小さな(ちいさな)ボコボコの()実り(みのり)ます。
小ぶり(こぶり)()で、若い(わかい)()でも()がなるので(にわ)によく植え(うえ)られます。

みんなの投稿(とうこう)

以下(いか)情報(じょうほう)は、関東(かんとう)地方(ちほう)基準(きじゅん)にしています。エリアによって1ヶ月(かげつ)くらいの()があります。

()(がた)

(たか)さ1.5mぐらい。

  • 埼玉(さいたま)(けん)川口(かわぐち)() / 撮影(さつえい) YusokuK

(はな)

直径(ちょっけい)3センチほどの(はな)()付け根(つけね)(えだ)(さき)(いち)(りん)ずつ咲き(さき)ます。

()

10~12(つき)熟し(じゅくし)ます。熟し(じゅくし)(のち)長く(ながく)()残っ(のこっ)ています。
直径(ちょっけい)は4~7cmの黄色(きいろ)のボコボコした()です。
香り(かおり)はユズと()ていますが、弱い(よわい)です。未熟(みじゅく)(みどり)()薬味(やくみ)などに使っ(つかっ)たりします。

  • 表面(ひょうめん)がボコボコしている
    埼玉(さいたま)(けん)川口(かわぐち)() / 撮影(さつえい) YusokuK

関わり(かかわり)深い(ふかい)生き物(いきもの)

ミカンの仲間(なかま)には、アゲハ(ナミアゲハ)、クロアゲハ、ナガサキアゲハなどアゲハチョウの仲間(なかま)がやってきます。幼虫(ようちゅう)は、小さい(ちいさい)ときは(とり)のフンのよう、(おわり)(よわい)幼虫(ようちゅう)になると緑色(りょくしょく)になり、モリモリ()食べ(たべ)ます。幼虫(ようちゅう)怒る(おこる)とツノを出し(だし)、ちょっと臭い(くさい)です。

タップすると詳細(しょうさい)()られます

イッサイユズの()られる場所(ばしょ)