ハナユ(イッサイユズ)

ボコボコの黄色い(きいろい)()がたくさん実る(みのる)

ハナユ(イッサイユズ)の特徴(とくちょう)

ハナユとも呼ば(よば)れます。ユズとは(べつ)種類(しゅるい)です。
ユズの()より小さな(ちいさな)ボコボコの()実り(みのり)ます。
小ぶり(こぶり)()で、若い(わかい)()でも()がなるので(にわ)によく植え(うえ)られます。

みんなの投稿(とうこう)

以下(いか)情報(じょうほう)は、関東(かんとう)地方(ちほう)基準(きじゅん)にしています。エリアによって1ヶ月(かげつ)くらいの()があります。

()(がた)

(たか)さ1.5mぐらい。

  • 埼玉(さいたま)(けん)川口(かわぐち)() / 撮影(さつえい) YusokuK

(はな)

直径(ちょっけい)3センチほどの(はな)()付け根(つけね)(えだ)(さき)(いち)(りん)ずつ咲き(さき)ます。

()

10~12(つき)熟し(じゅくし)ます。熟し(じゅくし)(のち)長く(ながく)()残っ(のこっ)ています。
直径(ちょっけい)は4~7cmの黄色(きいろ)のボコボコした()です。
香り(かおり)はユズと()ていますが、弱い(よわい)です。未熟(みじゅく)(みどり)()薬味(やくみ)などに使っ(つかっ)たりします。

  • 表面(ひょうめん)がボコボコしている
    埼玉(さいたま)(けん)川口(かわぐち)() / 撮影(さつえい) YusokuK

性格(せいかく)

()(じゅ)にしては成長(せいちょう)遅く(おそく)大木(たいぼく)になるわけでもなく、競争(きょうそう)激しい(はげしい)(もり)では、ユズの仲間(なかま)()()覆わ(おおわ)れ、残念(ざんねん)ながら負け(まけ)(ぐみ)です。でもユズの(たね)をまくと一つ(ひとつ)(たね)から2、3(ほん)()()てきます。1つの受精卵(じゅせいらん)から2つ以上(いじょう)(はい)発生(はっせい)することを()(はい)(せい)言い(いい)()(はい)(しゅ)は、生き残る(いきのこる)(うえ)有利(ゆうり)です。よい香り(かおり)動物(どうぶつ)(たね)運ん(はこん)でもらい、1つの(たね)からいくつか芽生え(めばえ)生き残ろ(いきのころ)うとしています。(たね)もめっちゃ多い(おおい)です。

  • 一つ(ひとつ)(たね)からいくつか芽生える(めばえる)
    埼玉(さいたま)(けん)狭山(さやま)() / 撮影(さつえい) minaei / 2018.4.11

体験(たいけん)遊び(あそび)

ユズよりハナユのほうが()(かわ)がきれいなことが多い(おおい)ので、(かわ)薄く(うすく)スライスしてトーストに!
トーストにクリームチーズをたっぷりぬり、スライスしたユズ(ユズの(たね)はとる)、ハチミツをかけてトースターで焼き(やき)ます。

  • クリームチーズとユズの愛称(あいしょう)最高(さいこう)
    埼玉(さいたま)(けん)狭山(さやま)() / 撮影(さつえい) minaei / 2022.1.31

  • 炭酸(たんさん)にユズをしぼってドリンクに
    埼玉(さいたま)(けん)狭山(さやま)() / 撮影(さつえい) minaei / 2022.1.31

関わり(かかわり)深い(ふかい)生き物(いきもの)

ミカンの仲間(なかま)には、アゲハ(ナミアゲハ)、クロアゲハ、ナガサキアゲハなどアゲハチョウの仲間(なかま)がやってきます。幼虫(ようちゅう)は、小さい(ちいさい)ときは(とり)のフンのよう、(おわり)(よわい)幼虫(ようちゅう)になると緑色(りょくしょく)になり、モリモリ()食べ(たべ)ます。幼虫(ようちゅう)怒る(おこる)とツノを出し(だし)、ちょっと臭い(くさい)です。

タップすると詳細(しょうさい)()られます

執筆(しっぴつ)協力(きょうりょく)

性格(せいかく)」「体験(たいけん)遊び(あそび)岩谷(いわたに)美苗(みな) 執筆(しっぴつ)

ハナユ(イッサイユズ)の()られる場所(ばしょ)