()紹介(しょうかい)

イボタノキ

香り(かおり)のよい小さな(ちいさな)ブーケのような白い(しろい)(はな)咲かせる(さかせる)

()自己(じこ)紹介(しょうかい)

梅雨(つゆ)初め(はじめ)香り(かおり)のよい白い(しろい)(はな)()いっぱいに咲かせ(さかせ)ます。
イボタノキには「イボタロウムシ」がつきます。(むかし)、このイボタロウムシから(ろう)(ろう)をとり、それをイボ取り(とり)使っ(つかっ)たので「いぼ取り(とり)()」、縮まっ(ちぢまっ)て「イボタノキ」と呼ば(よば)れるようになったと言わ(いわ)れています。

みんなの投稿(とうこう)

以下(いか)情報(じょうほう)は、関東(かんとう)地方(ちほう)基準(きじゅん)にしています。エリアによって1ヶ月(かげつ)くらいの()があります。

()(がた)

(たか)さ2~4m。よく枝分かれ(えだわかれ)してこんもりした()(がた)になります。

  • 初夏(しょか)(はな)咲い(さい)ている(とき)様子(ようす)
    千葉(ちば)()花見川(はなみがわ)()/撮影(さつえい)MayaN/2020.5.21

  • 千葉(ちば)()花見川(はなみがわ)()/撮影(さつえい)MayaN/2020.5.21

()

光沢(こうたく)のない(すすき)めの()です。(さき)完全(かんぜん)尖ら(とがら)丸み(まるみ)帯び(おび)ます。

  • 千葉(ちば)()美浜(みはま)()/撮影(さつえい)MayaN/2020.5.22

  • 千葉(ちば)()美浜(みはま)()/撮影(さつえい)MayaN/2020.5.22

(はな)

初夏(しょか)小さな(ちいさな)ブーケのような白い(しろい)(はな)()全体(ぜんたい)咲き(さき)ます。キンモクセイに()良い(よい)香り(かおり)がします。

  • 千葉(ちば)()美浜(みはま)()/撮影(さつえい)MayaN/2020.5.21

  • 千葉(ちば)()美浜(みはま)()/撮影(さつえい)MayaN/2020.5.22

()

直径(ちょっけい)6-7mmの(くろ)紫色(むらさきいろ)まん丸(まんまる)()がなります。(なか)は種(はしゅ)が1()入っ(はいっ)ています。

  • (くろ)紫色(むらさきいろ)実は(じつは)大き(おおき)さにバラツキがある
    千葉(ちば)()美浜(みはま)()/撮影(さつえい)MayaN/2020.12.14

  • ()(なか)は種(はしゅ)が1()入っ(はいっ)ている
    千葉(ちば)()美浜(みはま)()/撮影(さつえい)MayaN/2020.12.14

(みき)

  • 徳島(とくしま)(けん)神山(かみやま)(まち)/撮影(さつえい)MayaN/2019.12.5

関わり(かかわり)深い(ふかい)生き物(いきもの)

(はな)匂い(におい)誘わ(さそわ)れて、いろいろな(むし)がやってきます。イボタガは、(はる)にだけ()られる大きな(おおきな)ガで、幼虫(ようちゅう)迫力(はくりょく)満点(まんてん)(てき)来る(くる)と、黒い(くろい)ひも(じょう)突起(とっき)(とっき)を振り回し(ふりまわし)追い払い(おいはらい)ます。ハバチの幼虫(ようちゅう)()食べ(たべ)て、ボロボロにしてしまいます。

  • イボタガ(大型(おおがた)) 大きな(おおきな)目玉(めだま)模様(もよう)特徴(とくちょう)
    千葉(ちば)(けん)千葉(ちば)()/撮影(さつえい)MasakoT/2020.3.24

  • イボタガ幼虫(ようちゅう) 黒い(くろい)ひものような突起(とっき)があるが、(おわり)(よわい)幼虫(ようちゅう)になるとなくなる
    千葉(ちば)(けん)千葉(ちば)()/撮影(さつえい)MasakoT/2020.5.26

  • クロハバチの仲間(なかま)幼虫(ようちゅう) ハバチの幼虫(ようちゅう)()をよく食べる(たべる)
    千葉(ちば)(けん)市川(いちかわ)()/撮影(さつえい)MasakoT/2021.5.6

名前(なまえ)由来(ゆらい)

イボタロウムシから(ろう)(ろう)をとり、それを「イボ取り(とり)」に使っ(つかっ)たので「いぼ取り(とり)()」、縮まっ(ちぢまっ)て「イボタノキ」と呼ば(よば)れるようになったと言わ(いわ)れています。