ミカン

()だけではなくまわりの(かわ)もすごい!

()自己(じこ)紹介(しょうかい)

正確(せいかく)にいうとウンシュウミカン。(たね)少なく(すくなく)(かわ)向き(むき)やすて甘い(あまい)ということで食べ(たべ)やすさは抜群(ばつぐん)のフルーツ。
まわりの(かわ)は、漢方薬(かんぽうやく)七味唐辛子(しちみとうがらし)洗剤(せんざい)にも使わ(つかわ)れます。

みんなの投稿(とうこう)

以下(いか)情報(じょうほう)は、関東(かんとう)地方(ちほう)基準(きじゅん)にしています。エリアによって1ヶ月(かげつ)くらいの()があります。

()(がた)

ミカンの仲間(なかま)では背丈(せたけ)低い(ひくい)ほうです。

()

ミカンの仲間(なかま)では比較的(ひかくてき)大きな(おおきな)()です。()(なが)さは12cmぐらいです。

(はな)

(はる)咲く(さく)(べん)白い(しろい)(はな)良い(よい)香り(かおり)がします。
()(みのり)(せい)といって(たね)のできないタイプの(はな)沢山(たくさん)咲き(さき)ます。そのためミカンには種(はしゅ)少ない(すくない)のです。

()

(たね)少なく(すくなく)(かわ)向き(むき)やすい甘い(あまい)()ができます。
実に(じつに)見える(みえる)点々(てんてん)模様(もよう)には香り(かおり)成分(せいぶん)含ま(ふくま)れています。
(かわ)乾燥(かんそう)したものは(ちん)(かわ)呼ば(よば)れ、漢方薬(かんぽうやく)七味唐辛子(しちみとうがらし)使わ(つかわ)れます。

名前(なまえ)由来(ゆらい)

ミカンの語源(ごげん)蜜柑(みかん)(みつかん)、甘い(あまい)柑橘類(かんきつるい)という意味(いみ)の「蜜柑(みかん)」(みつかん)という言葉(ことば)からです。
温州(うんしゅう)(うんしゅう)というのは中国(ちゅうごく)温州(うんしゅう)地方(ちほう)から()柑橘類(かんきつるい)という意味(いみ)ですが、江戸(えど)時代(じだい)初め(はじめ)日本(にっぽん)長崎(ながさき)(けん)長島(ながしま)という場所(ばしょ)偶然(ぐうぜん)できた品種(ひんしゅ)だといわれています。

関わり(かかわり)深い(ふかい)生き物(いきもの)

ミカンの仲間(なかま)には、アゲハ(ナミアゲハ)、クロアゲハ、ナガサキアゲハなどアゲハチョウの仲間(なかま)がやってきます。幼虫(ようちゅう)は、小さい(ちいさい)ときは(とり)のフンのよう、(おわり)(よわい)幼虫(ようちゅう)になると緑色(りょくしょく)になり、モリモリ()食べ(たべ)ます。おいしいミカンは、ヒヨドリやメジロなど甘い(あまい)ものに()がない(とり)たちのごちそう。ミカンをくわえて飛ぶ(とぶ)カラスもよく見かけ(みかけ)ます。

タップすると詳細(しょうさい)()られます