ウメスカシクロバ

黒く(くろく)てスケスケの小さな(ちいさな)

  • 交尾(こうび)をしているオスとメス。
    千葉(ちば)(けん)市川(いちかわ)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2021.5.12

  • 幼虫(ようちゅう)は、「ハラアカ」、「コシダカケムシ」と呼ば(よば)れる。(どく)があるので注意(ちゅうい)
    千葉(ちば)(けん)習志野(ならしの)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2020.5.5

  • (まゆ)小さな(ちいさな)(あな)がたくさん開い(ひらい)ており特徴(とくちょう)(てき)
    千葉(ちば)(けん)船橋(ふなばし)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2018.4.26

ウメスカシクロバの特徴(とくちょう)

初夏(しょか)にあらわれ、昼間(ひるま)飛ぶ(とぶ)小さな(ちいさな)ガ。はねは透明(とうめい)ですが、黒っぽく(くろっぽく)見え(みえ)ます。幼虫(ようちゅう)(あか)っぽく、(どく)()があるので注意(ちゅうい)幼虫(ようちゅう)(ふゆ)越し(こし)ます。
   
大き(おおき)さ:開張(かいちょう)16~25mm
食べ物(たべもの)幼虫(ようちゅう)は、バラ()(ウメ、サクラ、モモなど)の()
成虫(せいちゅう)()られる時期(じき):5~7(つき)
分布(ぶんぷ)北海道(ほっかいどう)本州(ほんしゅう)四国(しこく)九州(きゅうしゅう)

ウメスカシクロバの注意(ちゅうい)(てん)

幼虫(ようちゅう)放射状(ほうしゃじょう)生え(はえ)白い(しろい)(どく)(はり)()(たば)があり、触れる(ふれる)皮膚(ひふ)赤く(あかく)はれ、かゆくなります。触ら(さわら)ないでください!

()られる()